京都サンガF.C.の詳細情報

正式名称京都サンガF.C.
所属リーグJ2
国・ホームタウンアジア 日本 京都 京都市
サポーター数サポーター: 334
コミュニティ登録者:91
ホームスタジアム西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

次の試合予定

次の試合予定が登録されていません。

京都サンガF.C.の詳細情報・プロフィール

競技サッカー
ニックネーム、通称
ホームスタジアム西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
法人名・運営母体株式会社 京都パープルサンガ
代表者梅本 徹
住所京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町87 ケイアイ興産京都ビル
電話番号・FAXTEL: 075-212-0635
FAX: 075-212-0628
公式ホームページhttp://www.sanga-fc.jp/
クラブカラーパープル
ユニフォーム(第1)紫、黒、黒(第2)白、白、白
マスコットパーサくん、コトノちゃん(パーサくんのお友達)
設立年月日
京都サンガF.C.の応援歌を見る報告

京都サンガF.C.のWikiWikiを編集する

クラブの概要・歴史・チーム名の由来

1993年、一般公募によって名づけられたチーム名「京都パープルサンガ」。これは、前身の京都紫光クラブ時代からのチームカラー『PURPLE(パープル)』に、仲間を意味するサンスクリット語「サンガ」と、山紫水明の京都をイメージさせる「山河」の響きを掛け合わせた『SANGA』を組み合わせたもの。 2007シーズン、更なる進化を求め、京都の仲間『京都サンガ』は、「Football」を通し「Fun」「Family」と共に、「Future」を目指すCLUB(クラブ)へとなる。という思い込め「京都サンガF.C.(KYOTO SANGA F.C.)」へと名称を変更。

チーム成績・歴代監督

ピム・ファーベク監督

木村文治監督

西村監督

柱谷幸一監督

美濃部監督

加藤久監督

秋田豊監督

大木武監督

獲得タイトル

国内タイトル

天皇杯優勝1回(2003)

海外タイトル

個人タイトル

チーム記録

チームの特徴

チームのエンブレム

鏃(やじり)のような鋭さは、俊敏な攻撃力。盾型のフォルムは、強固な守備力の象徴。 風雲を巻き起こす絶対的な強さを表現、鳳と凰の2羽は向かい合うことで戦う姿勢を表しています。燃えたぎる赤は、情熱的な闘志と絶対に諦めない不死鳥のごとき熱い魂を表現しています。鳳凰が向かうのは天。 翼を大きく広げ最上を目指す。また紫郊(紫光)クラブ以来の伝統と歴史を表わすため、1930年代に使用されたサッカーボールを配しました。

スポンサー

マスコット

エンブレムと同じく、聖人が世に出るときに現れる鳥「鳳凰」と、永遠不滅の象徴である「不死鳥」がモチーフ。燃える情熱とアグレッシブな行動力を示す赤い炎を身にまとった姿は、サポーターと共に一丸となって勝ち進む、チームイメージの象徴となっています。チーム名である「パープルサンガ」の頭文字をとってパーサくん(左)と名つけられました。またお友達のコトノちゃん(右)も一般公募の中から古都京都の地名に似合った名前をつけてもらいました。

チームのエピソード

サポーターの特徴

京都らしく「はんなり」してます。

著名人のサポーター

サポーターのエピソード

スタジアムとホームタウン

ホームスタジアム

西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(2万242人収容)

ホームタウンー

京都市、城陽市、宇治市、京田辺市、長岡京市、向日市

ダービーマッチ

ユニフォーム

サプライヤー:ワコール   胸:京セラ  袖:京都銀行  背中:任天堂  パンツ:大和証券

下部組織

関連情報