≪ テニスの効用?記事一覧シーズン最終盤に向けて ≫
反省
作成日:2010/11/03 00:36:30|個人タグ:テニス|アクセス数:28 
評価: おもしろい!:1Good Job!:2参考になった!:2おつかれ!:1

今日は母とテニスをしてきました(^^;;;

 

いつも行っているテニス場に、今日の練習がなくなった母がついてきました。

普段は時折テニスの話をするものの、

一緒にテニスをすることは、ほとんどありません。

さすがに球質・球速が違いすぎるのです (==;

(私が大振りしすぎているだけかもしれません)


が、今日は前述のような事情があり、

また、最近コーチについていない母の状態を確認すべく、

数年ぶりに一緒にラリーをしました。

 

***

母の状態については色々と突っ込みどころがあったのですが、

ここで書くべきことではないので割愛します(^^;

 

 

が、問題は、自分にありました。

 

先方から返ってくるボールは、かなり「ぽわーん」としたボールです。

ほぼ自由落下で、ボールが接地しても全然走りません。

ただ、しっかり振り切って打ったボールは、

スピンらしきものがかかり、それなりにいい速度も出ていました。

 

しかし、この球、思った以上に打ちづらいのです。

ボールが走ってこないので、

「相手の力を利用して…って、アレ?」

となってしまうのです。

 

球離れが早い、といえばいいのでしょうか。

打った感触が、軽すぎるのです。

 

これに慣れるのに少々時間がかかりました。

また、深く緩く入ると、後ろに下がれないテニス場の関係もあって、

コントロールするのが非常に難しいです。

 

結局、こちらからはスピンを適度にかけて、

サービスラインあたり目指して返すしかないのですが、

そうすると打点がかなり限られてくるので、ミスにつながりました。

 

***

さらに、相手の返球コースが読みづらかったことが、

コントロールの難しさに拍車をかけました。

 

体が開いているからクロスだ!と思って一歩踏み出しても、

なぜか逆クロスに飛んでくることが数度。

どうやら、手首を使ってポワーンとクロスへ返球しようとしたところ、

ボールに差し込まれて、面だけ逆クロスになってしまったようです。

 

ある意味、私の自業自得なのですが、

それにしてもかなり難しい判断でした…

 

「打った本人も意図していないところに飛んだボール」

をちゃんと処理する練習、というのは、本当に難しいと感じました。

 

***

しかし、それに輪をかけて問題なのが、メンタルでした。

 

どうやら、母を相手に打つと、いつもの「気楽さ」がなくなっていたようです。

なにやら肩に力が入り、

ミスにはいつも以上に凹み、

相手のミスにちょっとイラッっとくる、という、

精神的安定に欠ける状態になってしまいました。

 

きっと、いつも一緒にテニスをしていればこういうことはなくなっていくのかもしれませんが、

非常に不安定で、ちぐはぐなテニスをしてしまいました。

あるいは、いっそ、本気を出してフルスイングをし、一球も返させないぞ!

くらいのテニスをすればよかったのかもしれません。

 

妙に気を使い、接待テニスをしようとしてしまったことが、敗因だったと思います。

 

案の定、

母が先に帰った後はのびのびとプレーしていました(^^^

 

***

この程度のプレッシャーで調子が狂うとは、まだまだ精進が足りないようです。

 

ラボーラの皆さんは、家族とテニスをするとき、どのようになさっているのでしょうか…(−”−;

 コメント(8)
≪ テニスの効用?記事一覧シーズン最終盤に向けて ≫

コメント ( 8件 )最新のコメント

1-8件を表示
 2010/11/03 00:56:41
えっと
やさしく返してあげたいんですが、そうすると相手が打ち込んできて、そのときに厳しいボールを返してしまいます。どうすればコーチみたいに返せるのか・・・本当に悩んでいます。
マル 2010/11/03 01:16:32
Re :えっと
ひっきーさん

そうなんです。本当に難儀しています。

今のところ、
�真ん中に当てる。が、当てるだけにする
という方法と、
�緩いスイングスピードでちゃんとスイングする
という方法があると考えていますが、
力量不足で�しかできないのが現状です(==;


…が、今日は(日記の内容でもお分かりの通り)それすらもミスばかりでした。
まだまだ練習しないと…
たそ 2010/11/03 01:44:19
ファミリーテニス
私も62歳の父とたまーにテニスをします。

60過ぎても若者と変わらないくらい動く鉄人もいますが、
そういう人とは分けが違う普通の老人です。

20年前はシングルスをしても、1ゲーム取るのがやっとでしたが、
今は手加減してもベーグルで勝っちゃいます。

そんな父と練習するとき、私は以下を意識してます。

 �なるべく相手のところに返球する
   ⇒コントロール強化
 �スピンはかけずフラットで返球する
   ⇒技術力アップ
 �父は2バウンドは当たり前。いらっとせずにラリーを続ける
   ⇒メンタル強化及び深くコントロールする技術の習得
 �荒れ玉でも必死で返す
   ⇒瞬発力及びスタミナ強化

普段意識しないことを実行するため、結構いい練習になりますよ♪

ダブルスを組んで勝ったりすると、父も喜ぶし、
親孝行したな〜ていう気分になりますね。
家出猫 2010/11/03 02:20:02
逆の立場w
ごめんなさい、逆の立場です。
息子が多分
皆さんのようにイライラしている事だと思います。(笑

息子は最初、アップの時は
滑らない優しいスライスで返してくれます。(汗
スライスロブみたいなふんわりした球。

ですがアップ終了後、軽い打ち合いになると
徐々に速度が上がり
最終的にはほぼ手加減してくれません。(涙

私を鍛えてくれるつもりなんでしょうけど
後半には「普通に打った」あたりで
残念ながら
私がラリーを続けられなくなってしまいます。

しかしこのように(?)
いい練習にはなっておりますので
皆さん、親孝行を続行してあげてくださいね。(苦笑
マル 2010/11/03 10:02:07
Re :ファミリーテニス
たそさん

ありがとうございます。参考になります!
今思えばいい練習にはなったのですが、
自責の念で心が折れそうになりました(^^;
特に、たそさんの仰る�が足りなかったのかもしれません(笑)

ダブルス…うーん…(−”−;
今のままでは、自分がミスを重ねそうで怖いです…
でも今度機会があれば組んでみます♪
ありがとうございました。
マル 2010/11/03 10:15:39
Re :逆の立場w
家出猫さん

確かに、逆のお立場ですね(^^;
参考になりますm(_ _)m

家出猫さんの息子さん(家出「子」猫さん?)は、
力加減(コントロール)がとてもお上手なのですね…羨ましいです。

昨日のラリーで私が嫌だったのは、
「ぽわーん」と山なりできて、力ないボールでした。
そのテニス場は後ろに下がれないので(コートぎりぎりの大きさしかないのです)、
その「ぽわーん」をラインジングなり、カットなりで返さなければならないので、
非常に神経を使いました。
正直、少し失敗してもいいので、
ライナー性のボールで返してほしかったです… ( ´・ω・`)

家出猫さんも、家出子猫さんにボールを返す時は、
ひょっとしたらライナー性のボールの方が喜ぶかもしれません(自信ないですが

ですがほぼ全て私の精進(と技術と忍耐)不足でしたので、更に励もうと思いました。
上手くなれば、もっと親孝行もできますし…

いえ、決してテニスをもっとやることの言い訳ではありませんよ?!
家出猫 2010/11/03 11:54:39
Re :Re :逆の立場w
お母さん、マルさんの打球に押されて
ポワンとなるんじゃないでしょうか。

そうでなければ
お母さんも気を使っておられるとか。(笑

私もヤツが優しく返してくれてる間は
フルスイングで強打ですが
それにヤツがあわせてきて
ラリーが早くなってくると
最終的に打球に押されて
ポワンと返すだけになってしまいますw

でも考えてみれば
いろんな打球を練習できて
マルさんもお母さんもいい練習になってますよね。

・・・っていうのは母の言い分か。(笑
すいませんw
マル 2010/11/04 00:48:59
Re :Re :Re :逆の立場w
家出猫さん

仰る通りだと思います。
問いただし…もとい、聞いてみたところ、
「なんとか返そうと思った」
「返すにはああするしかなかった」
とのこと(^^;
もうちょっと弱く打つべきだったのかな…と反省することしきりです。

あともう一つの課題は、
母相手に、いかに固くならずに集中してボールを打つか、です(−”−;
≪前を表示次を表示≫
マル  
 
最終ログインは3日以上前
 3位23位
 393
 47,042PV

好きなチーム