風の日に習う。

作成日 : 2014/07/17 23:50:05
 
評価: さすが!:1   すごい!:2   参考になった!:5   おもしろい!:1   納得です!:4   感動した!:3   Good Job!:1   ありがとう!:1   がんばれ!:1   すばらしい!:2   同感です!!:9   続きをみたい!:2   
何度もこのブログで紹介してるけど、俺の大好きなエルレガーデンっていうバンドがいて風の日っていう歌がある。


雨の日には濡れて
晴れた日には乾いて
寒い日には震えてるのが当たり前だろ?
次の日には忘れて
風の日には飛ぼうとしてみる
そんなもんさ

こんな歌詞がある。


こんな感じで生きていたいと常に思い、それを忘れないために常に聴いている曲。

やべーやっぱエルレ最高。

楽しければめっちゃ笑って
悲しければめっちゃ凹んで
むかついたらめっちゃ怒って
でも次の日には忘れて
チャンスがきたら飛ぼうとしてみる。


雨に濡れないようにするんじゃなくて
寒い日にはあったかくして震えないようにするんじゃなくて
そのときそのときの自分の抱く感情や生まれる考えから目を背けて嘘をつくんじゃなくて
向き合って、結論をだす。
今を全力で生きる。


うん。そう。
そうやって生きる。

なんとなく流されそうになる今日この頃。

そういうの、いつまでも忘れずにいたい。
 コメント ( 13 )  評価 ( 32 )
北嶋秀朗の日記一覧へ