ナビスコカップ

最新の観戦記観戦記一覧

ナビスコカップの詳細情報

競技サッカー
種類
名前ナビスコカップ
正式名称
国・地域日本
公式ホームページ
マスコット

ナビスコカップのWikiWikiを編集する

概要

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が主催するリーグカップ。

1992年から、ヤマザキナビスコが冠スポンサーとなりJリーグ・ヤマザキナビスコカップとして行われている。

決勝は国立競技場で行われ、勝者にはJリーグカップとヤマザキナビスコカップが授与される。試合は日本代表の試合の合間などに行われることが多く、大会に出場するチームは代表選手ら抜きで戦うことが多い。

2007年から優勝チームには、翌年2月に開催されるパンパシフィックチャンピオンシップに参加することになった。

歴史

リーグ発足前

プロリーグ発足前のJSL時代には1・2部の全チーム出場のJSLカップと、1990年から2年間だけ行われた1部リーグのみによるコニカカップなどが行われていた。

リーグ設立

1992年に翌年から行われるJリーグのプレ開幕戦として第1回Jリーグ・ヤマザキナビスコカップが開催された。

リーグ発足後

Jリーグ発足後は毎年リーグ戦と並行して開催されている。(1995年は開催せず)

1993年、1994年、1997年、1998年シーズンは、全てのJリーグチームとJリーグに参加する意思を持つJリーグ準会員が参加した。

1999年のJ2リーグが誕生後は、J1リーグとJ2リーグの全てのチームによって行われた。同時に準決勝以下の試合をホーム・アンド・アウェーのノックアウト式トーナメントで実施するようになりこの形態は2001年シーズンまで続いた。

2002年からはJ2リーグの試合数が増大したためJ1リーグの参加チームのみで争われる事になった。この代わりにグループリーグを導入して試合数を確保するように努めた。

Jリーグ開幕時は人気の高い大会だったが前述したように代表の試合の合間に行わており、チームによってもリーグ戦に出場していない選手らが出場しており地味なイメージは拭えない。2000年にはアビスパ福岡湘南ベルマーレとの試合で主力を温存し議論を沸き起こした。 しかしながら決勝は別で決勝の国立競技場には多くの観客が詰め掛ける。

課題

リーグ構成・所属クラブ

現在ではJ1チームのみ参加している。

歴代優勝クラブ

( )は準優勝チーム

1992 ヴェルディ川崎 (清水エスパルス

1993 ヴェルディ川崎 (清水エスパルス)

1994 ヴェルディ川崎 (ジュビロ磐田

1995 開催されず

1996 清水エスパルス (ヴェルディ川崎)

1997 鹿島アントラーズ (ジュビロ磐田)

1998 ジュビロ磐田 (ジェフユナイテッド市原

1999 柏レイソル (鹿島アントラーズ)

2000 鹿島アントラーズ(川崎フロンターレ

2001 横浜F・マリノス (ジュビロ磐田)

2002 鹿島アントラーズ (浦和レッズ

2003 浦和レッズ (鹿島アントラーズ)

2004 FC東京 (浦和レッズ)

2005 ジェフユナイテッド市原・千葉 (ガンバ大阪

2006 ジェフユナイテッド市原・千葉 (鹿島アントラーズ)

2007 ガンバ大阪 (川崎フロンターレ)

2008 大分トリニータ (清水エスパルス)

2009 FC東京 (川崎フロンターレ)

2010 ジュビロ磐田 (サンフレッチェ広島)

2011 鹿島アントラーズ (浦和レッズ)

2012 鹿島アントラーズ (清水エスパルス)

2013 柏レイソル (浦和レッズ)

エピソード

前述した2000年の大会においてアビスパ福岡が主力のほとんどをスタメンに使わず、これがJリーグ規約42条の「Jクラブは、その時点における最強のチーム(ベストメンバー)をもって前条の試合に臨まなければならない。」に違反するのではないかとして大きな議論を巻き起こした。

カップ戦を軽視しては困るというのがJリーグ側の主張。結局Jリーグ側が「ベストメンバー規定」を制定することで落ち着いた。

関連情報

シーズン