松田直樹 

名前松田直樹 
国籍・出身日本 群馬 
生年月日1977/03/14 (40歳)
所属チーム松本山雅FC
ポジションDF

松田直樹の詳細情報・プロフィール

競技サッカー
ニックネーム、通称
身長・体重身長: 183.0 cm / 体重: 78.0 kg

松田直樹のWikiWikiを編集する

経歴

前橋育英高校サッカー部では、3大会連続で全国高校サッカー選手権へ出場するなど、「高校ナンバーワンのDF」として高く評価された。1995年に横浜F・マリノスに入団し、いきなり開幕スタメンに抜擢。その翌年のアトランタオリンピックのメンバーに選出される。4年後のシドニーオリンピックにも選出され、数少ない2大会連続出場選手となっている。

トルシエジャパン時代はフラット3と呼ばれる3バックの右サイドで不動のレギュラーであり、2002年の日韓W杯ではベスト16入りに貢献した。ジーコジャパンになってからも当初は代表に呼ばれていたが、2005年3月30日のドイツW杯アジア最終予選バーレーン戦以降、代表には呼ばれていない。しかし、ジーコ監督時代は代表の守備陣で180cm以上の選手が少なく(スタメンは[[中澤佑二]]のみ)、高さとフィジカル、経験という点で国際試合で心配だという声もあり、日本代表復帰を望む声も少なからずあった。また、[[中田英寿]]と幼い頃から共に日本代表でプレーし、中田の数少ない理解者であり「ヒデを殴れるのは俺だけ」と松田は語っている(「その松田を殴れるのは俺だけ」とチームメイトの[[栗原勇蔵]]が語ってもいる)。だが、その後ジーコに再招集されることはなかった。

2007年シーズンは、怪我で出遅れ、ボランチとしてヤマザキナビスコカップ大宮戦で復帰した。この試合では、途中交代の際、早野監督との握手を拒否する、試合出場中に監督からの指示を仰ぐ時、顔を睨み付ける様な態度を取っていたなど、監督との確執が起きていたようである。その後は出場機会に恵まれず、ベンチ入りこそするが出場はなく、第16節のG大阪戦でセンターバックとして先発し、漸くリーグ戦初出場を果たした。この試合では39試合連続得点中のG大阪を無失点に抑えた。その後、第18節大分トリニータ戦で、リーグ戦300試合出場を達成。

プレースタイル

時折見せる攻撃参加も特長の一つで、コーナーキックではヘディングで得点も奪う。元監督の岡田武史が切り札としてラスト5分に前線で攻撃参加させる[1]など、その定評を窺わせる。一方で、攻撃に傾倒してしまうこともあり、2005年のナビスコカップ準々決勝第2戦・大宮戦では、岡田からハーフタイムに「お前のポジションはどこなんだ」と説教された(ちなみに、この試合では決勝点となる1得点を挙げている)。その後は大人になり、岡田にも「今の松田なら大丈夫だ」と信頼を得た。2006年シーズンでは、キャプテンということもあり、PKのキッカーを務めた。

「出さなきゃ殺すというオーラがある」(トルシエ)、「マツさんは『なんだテメー』って言いながら上がってく」(稲本潤一)といわれているように熱いプレーが特徴。一方で、不必要なイエローカード・レッドカードをもらってしまうことも多い。ジーコジャパンでは控えに甘んじ、同じポジションであった田中誠がスタメン落ちしたときでも使われなかった(+自分の子供が生まれたために帰国した)ことで無断離脱するなど、精神面での課題も指摘されている(以前にも韓国から無断で帰国し、一時トルシエと衝突した事がある)。

エピソード

・髪の毛はいつも妻に切ってもらっている。坊主頭にしている時は失敗したときらしい。

・昔キャプテンマークに憧れていた。練習後に内緒でキャプテンマークをつけていたのを監督に見つかり怒られた。しかし、見かねたスタッフが急遽ガムテープでキャプテンマークを作ってあげた。2006年、念願のキャプテン就任。

・2003年ナビスコ杯磐田戦で西野泰正と接触プレー後、西野のプレーに憤激して主審に向かい言い放った「やるよ、やっちゃうよ」はピッチ外マイクに拾われてTVに流れ、名文句となった。

・前橋育英高に入学するまではFWの選手だった。当時U16日本代表監督だった小嶺忠敏監督(元・国見高校総監督)にDFのセンスを見いだされ、FWからコンバートされた。

・退場処分が多く、2007年終了時点で通算8回。大久保嘉人と並んで、ドラガン・ストイコビッチ(13回)に次ぐJリーグ史上2位である。

・気合を入れるために、チームメイトに殴ってもらうことがある。2004年CSでは栗原勇蔵に軽い脳震盪を起こす程の強さで殴ってもらい、また、2007年のリーグ戦初出場となった対ガンバ大阪戦では、後半開始直前に那須大亮にビンタをしてもらった。

・おしゃれぶりはファンの中では有名で、SOPH.、nonnative、PHABLや古着などを着こなす。SOPH.の清永氏とはウイニングイレブン仲間である。また雑誌『PEN』の2003年6月号ではデザイナーズチェアの特集に登場し、「少し古くなった木の椅子が好きで、知人にフランスのアンティークショップで買ってもらったこともある」とのコメントを残している。

・2007年10月13日に行われた、ナビスコ杯準決勝川崎フロンターレ戦で、後半35分に退場となったゴールキーパーの榎本哲也に代わってゴールを守った(交代枠を使い切っていたため。 その後、黒津にダメ押し点を決められ、結果は4-2で敗戦)。試合後、観戦していたイビチャ・オシム代表監督(当時)は、「マリノスの新しいキーパーが発見だった」と冗談交じりにコメントしている。

所属クラブ

ユース経歴

・1992年 - 1994年 前橋育英高校


プロ経歴

・1995年 - 現在 横浜マリノス/横浜F・マリノス

個人成績

出場大会

・1993年 FIFAU-17ワールドカップ ベスト8

・1995年 FIFAU-20ワールドカップ ベスト8

・1996年 アトランタオリンピック 出場

・2000年 シドニーオリンピック ベスト8

・2002年 FIFAワールドカップ ベスト16

代表歴

関連情報