Kasumi AIKOの写真

田川テニスクラブさんでレッスン|愛甲霞オフィシャルブログ by LaBOLA

田川テニスクラブさんでレッスン

2017/03/02 23:494


梅の花が散り、今日はひな祭り。



 



暖かかったり、寒かったり、三寒四温とは、まさにこの時期かなと思う、この頃です。



 



久しぶりにテニスをすることが出来ました。



 



昨年は、息子を出産し、それに伴いテニスを1年お休みしていました。



 



すっかり、なまった体でしたが、良い道具に囲まれて、なんとかカバーできました。



まずは、ラケットを新しいモデルのX-BLADE




ラケットのうんちくは、長くなるので、割愛いたしますが(また別の機会に)




 今回のニューモデルを、一言でいうなら、「振りは軽く、ボールは重く。」






一年ぶりでも、気持ちは現役時代のままという、厄介な性分で、ラケットの重さを変えたくない。



310グラム(現役時代と一緒)で挑みました。




打ってみると、とても310グラムあるようには感じませんでした。




しっかり、ヘッドが走ってくれました。




 以前より、ラケットそのものは軽く感じました。




素晴らしい構造です。





そして、シューズ、「JOMA」さんの記事は前回も書きました。



やっと履いてプレーすることが出来ました。



 



心配していたのは、硬いのではないか?ということ



私は、ハイカットのシューズは着用しません。



 



フットワークの妨げになるから、動きを止めて、きりかえす際など、足首の柔軟性を重視しているので、足首周辺まであるハイカットでは、自由を奪われてしまうように感じます。



 



そして、そのローカットのシューズの中でも、硬すぎるシューズは扱いにくいので、柔らかさも重要。



 



ご覧のとおりの外見、デザイン性の高さなので、がっちり硬いのではないかと・・・不安でしたが、意外にもやわらかく、軽さもあって良かったです。



 



一番苦手なクレーコートでのプレーで、そう感じられたので、間違いありません。





 

おそらく入らなかったであろうショット・・・

面が上を向きすぎ・・・ロブだったかな?









どうしても、重心が後ろに残る、バックハンド




コートの後ろに下がりすぎです。改善しないと・・・。






そして、久しぶりにもかかわらず、レッスンもさせて頂きました。







ダブルスの大会に出場している皆様。




今回のレッスンテーマは




「セオリーの逆をつく~スクールでは教えないこと~」です。




確実にポーチを決める方法や、ストレートへの配球を多くすることなどなど。




積極的にご質問頂き、良い機会となりました。


お世話になったのは、


田川テニスクラブさんです。







昼食もご一緒させて頂き、楽しい時間が過ごせました。




 




そして、4月からは定期的にテニスを教えることが出来そうです。




また、ご報告いたします。




田川テニスクラブさんのホームページはこちら↓

http://tagawatc.fc2-rentalserver.com/









 










 










報告するとLaBOLA事務局に通知されます。全ての報告に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に報告しました。