Kasumi AIKOの写真

愛甲霞オフィシャルブログ by LaBOLA

  • 撮影して来ました。

    2015/07/03 15:247


    先日、東京で撮影した動画がYouTube



    アップされました。https://www.youtube.com/watch?v=Mbb7khLdkOk



    その他、山の手線と、中央線内のトレインチャンネル



    (電車内の出入り口付近、上についているテレビ)



    にて、放映されているようです。


    メイキング映像もあります→https://www.youtube.com/watch?v=l1oIDg-bGEk

    (複雑な動きなので、振り付け師さんのご指導。)

    (カメラも、見たことのない大きなもので、移動式でしたよ。)


               




     



     



    内容は、選手を支える、マネージャーさんにスポットを当てたものです。



    亜細亜大学に、ホスピタリティ・マネジメント学科という新しい学科が



    出来て、そちらで使われています。



     



    スポーツだけではなく、ブライダルや旅行なんかも勉強出来るみたいです。



    既存の、4年生大学では珍しいですよね?おもてなしの心が学べそうです。



     



     



    今回、一緒に撮影に協力してくれたのは、糟屋友里プロ



    大学の後輩で色んな時間を共に過ごしました。



    久しぶりの再会で、爆裂?トーク、話が尽きませんでした。


         




     



     



    こうした、テニスに関連するお仕事を私が出来るのは、ラッキーと、錦織選手の



    活躍のお陰だと思います。



    テニスのブームを起こしてくれましたね!



    一人のスターは、多大な影響を与えてくれます。



     



    感謝!尊敬!そして応援してます!



     


























































  • 2時間20分の・・・・。

    2015/04/24 01:4011


    現在、ジュニアと一般の方のテニス指導をしております、


    先日、コーチ冥利に尽きる出来事がありました。


     


    スクールのレッスンにて調整が必要で、


    私が担当していたクラスを変更することになり、最後のレッスンを行いました。



    ご挨拶をしてまわると、私のクラスは良かったと、言って下さる声が・・・。


    それは、もう嬉しくて!嬉しくて!


     


    常に、もっと良い伝え方があったのでは?言い過ぎたのでは?


    理論的じゃなかった。わかりにくい。一貫性がない等々、教えるようになって、反省ばかりの日々でした。


     


     


    しかしこういう一言に、励まされ勇気づけられ、もっと私に出来ることを、やりたいと、前向きになれました。


     


    ついでに、ブログも見てます!なんて言ってもらえて、


    そーいえば!と思い出して今に至ります。笑




     


     


    そして、話は変わって、久しぶりに、ガットを自分で張りました。


    それが、2時間20分かかった。。。という題名の所以です。



     


    通常は早ければ20分で張れるそうなので、どれほどの大仕事だったかわかります。



     


    私は、中学生の頃、ガット張り機、(手動でガッチャンと回すタイプ)を買ってもらい、高校、大学まで自分で張っていました。



     


    試合中にガットが切れてポイントを失うのが嫌だったので、試合前に必ず張り替えて、新品で4本は持ってコートに入っていました。


     


    この写真、もう随分昔ですが、全日本選手権の時のラケットも自分で張ったもの。


     


    余談ですが、当時のミズノさんのラケットも現在のブリヂストンX-BLADEも


     


    比較的面が小さいタイプなので、張るのは苦労しました。


     


     


     


    もう一枚・・・↓


     


    どうやったら、こんな打ち方になるんでしょうか?!・・・・


     


     


     



     




     


    プロになってからは、ブリヂストンさんに、ラケットを郵送で送ってお願いしていたのですが、思い返せば、自分でガットを張ると、試合に対する心構えが出来、負けが続いても張り替えと同時にリセットされるなど、いいことばかりな気がします。


     


    こんな風に昔を思い出して、余韻に浸っていた矢先。。。


    最新のガットマシーンに驚愕。


     


    完敗でした。


     


    使い方、ラケットのセットの仕方、全てがわからない・・・・。


    張り方も、今までと全然違います。


    器具も増えて、機能も多種多様で、テンションの正確性も増していて、、、。


     


    以前の手動マシーンのテンションは実際のところ、相当な誤差があったのだと、思い知らされました。


     


    これは、もう自分で張るのは無理。。。


    ちゃんとしたストリンガーさんに頼むべきです。心から思いました。


     


    しかしながら、テニスに携わるものとして、ガットぐらい自分で張りたい!


     


    とも思うので、引き続き挑戦していきたいとは思ってます。。。



    でも、こんなミスや。。。。(2本同じところ)


     


     


     


    ここの結び目が、避けて緩みそうだったり、前途多難なガット張り体験でございました。


     


     


     


     


    だけど、グリーンヒルズインドアステージの皆さんにご教授頂き、なんとか完成です!


     


     


    キラーン★★


     



     


     


    新しいX-BLADEの赤いフレームが張りたてのガットとマッチして何とも素敵です。


     


    うーん、自分で張ったガットはかわいくさえ見える![d136][d227][d136]


     


    そして、このラケットと共に、ゴールデンウィークは実家の東京へ帰ります♪


     


     


    続きは次回。


    皆様、良い休日を!



































































































  • ラオニッチロボと対戦!270キロのサーブって!!!

    2014/11/19 03:3413


    先日、ATPツアーファイナルを、怪我のため、棄権したミロシュ・ラオニッチ選手。


    そのサーブは、なんと246キロ!


    「この、超スーパービックサーバーのサーブを再現してみよう。」と面白いことを考えたのが、


    ラオニッチの契約スポンサー、New Balanceさんです。


    ラオニッチロボはこんな感じ↓

    2m越えの巨大マシーンです。


    上部には、ミサイル発射さながらの、ボール噴射口があります。



    そして、ここから、ギネスに認定された最高速度270キロのサーブが打ち落とされる訳です。

    このマシーン日本で製作されているそうで、速度の微妙な調整も出来る精密機械でした。

    (球種はフラットだけです。)


    いざ!挑戦!。。。の動画は下記よりご覧ください。

     https://www.youtube.com/watch?v=eX1qjVVxiMU&feature=youtu.be


    まーとにかく、早かったです。そしてもちろん、重かったです。


    私は、本来フォアーハンドが得意、バックハンドは苦手分野ですが、

    あまりに、速いので片手のフォアーで振りぬくと手首を痛めるかもしれない恐れがあり、

    仕方なく、バックで挑戦。


    直後はかなり、手が痛かったです。


    しかし、こんなマシーンを作ってしまうなんて、驚きです。

    ちなみにこのマシーンは世界に一つ。


    貴重ですね。今回もそうでしたが、盛り上がりは最高です。

    現在イベントに引っ張りだこなんだとか。。。


    そのうち、世界に羽ばたいていく(ロボが海外遠征)かもしれないとの噂でしたので、

    国内での、イベントがありましたら、是非体験してみて下さい。


    とってもおもしろいです。というか、あの速さは、未知との遭遇です(笑)


    そして、今回は、ニューバランスさんと、有名テニスショップ

    ウィンザーさんとのコラボイベントとして、大学テニスサークルの方を対象に

    レッスンが行われました。


    ウィンザーさん、東京にお住まいの方で知らない人はいないですよね!

    私も昔、母と一緒にウェアーを買いに行ったのを覚えています。


    特に、渋谷店に行きました。

    なんでも揃う!


    いつか、福岡に店舗を出してくださる日を待っています(涙)


    でも、ネットショップも充実しているようです♪→http://windsorracket-online.com/


    皆さん、大変レベルが高く、攻撃的なテニスをされてました。

    東京大学などなど、超一流大学の学生さんなので、授業も忙しいことと思いますが、

    文武両道で引き続きがんばって頂きたいと思います。


    ちなみに、イベント中は全員ニューバランスさんのシューズを着用しました。


    オールコート用とオム二クレー用。

    いずれも、デザインが、文句なしにおしゃれです。


    昔から、ローカットのデザインが好みな私には、足型もぴったり、

    すごく動きやすかったです。


    また、前回のブログでもシューズについて触れていますが、私はオールコート用シューズをオム二コートで使用するのがすきです。

    少し滑るぐらいの方が軽快に動けます。


    この点について参加者の方からもご質問頂きましたが、正解はないので、自分にあった一足を選んで頂きたいと思います。


    そして、フットワークの練習、使い方の意識で靴にも影響があると思います。


    この日のイベントは、中央大学、北澤監督の指揮の下行われました。

    (中央大学体育会の学生さんもお手伝い、皆インカレや国体で活躍の選手です。)

    写真が見えにくいので、アップを一枚。(笑)

    (監督は柳川高校の出身です。中央大学は今年も一部リーグ残留の戦績!)


    北澤監督曰く、オム二コートでは、止まる瞬間につま先から入ってはいけないとのこと。確かに、イベント中、つま先を使いすぎて、ひっかかるような場面を何度か目にしました。


    (フットワークを重視したかなりのスパルタメニューでした。とにかく走る!)


    かといって、踵で入りすぎてもいけないので、詳しくはまたの機会に、

    でも、このオム二コートでの足の使い方、フットワークは奥が深いです。

    ショットの技術以上の重要性を感じています。


    どのレベルの人にとっても、今より一つ上のレベルに上がるために、関係してくる要因だと思っています。


    (画像提供 ウインザー商事 井口様)

    最後に着用した996の写真も

    蛍光イエローが、かっこいいので、全身は黒などシューズが引き立つウェアを選んでみました。

    パラデイーゾの、テニス用ニット帽も、今一番のお気に入り♪

    (画像提供 ウインザー商事 井口様)


    うーん、何度見てもかっこいい☆彡


    ウインザーさんのブログにも、この日の様子が掲載されています。

    そちらもどうぞ(^^)↓

    http://www.windsorracket.co.jp/news/?no=286















10件 - 12件を表示:全137件