CHOI Hwangの写真

ファンオフィシャルブログ by LaBOLA

  • ポツポツと

    2014/09/11 23:55Comment45

    自分自身と向き合い始めた選手が出始めた。

    最高潮のポジティブシンキングと

    ついて来ない技術の間を行き交うジレンマに

    己の甘さや打開策を見出だせないイライラが

    募りに募るタイムリーな感情をコントロール不能とさせる現状。

    悩みに悩み、首をかしげてさらに感情を吐き出す時間が増えている。

    そこから情けなさや歯がゆさを堪えながらも

    さらに強くなるためにアドバイスを求めてくる選手が何名か出てきた。

    チームの目標を達成する為の一員として沸き起こる責任感からなのだろう。

    話を聞くその顔からは

    自信のなさや具体性のなさ、やる気はあるがから回る

    そんな自分自身への苛立ちを隠せない表情が読み取れる。

    けど、贈るメッセージを復唱しちゃんと心に落とし込もうと正面から向き合うその姿勢に

    これからよりも、今からの期待感が一気に膨らんだ。

    今ここで必要と感じたからこそ行動に移した。

    周りにどんな眼で見られようと

    自身の成長が必ずチームにとっての成長に繋がる

    その先には目標を達成したチーム全員の

    間違いない最高の笑顔が待っていると信じているからこそ

    振り絞ったのだと認識している。

    徐々に徐々に

    我々の成長スピードでチームが

    また1つ目指す方向性に歩を進め始めた。

    勇気に感謝。

    共に考え、共に理解し、共に実行しよう。

    さ、(月)は試合だ。

    今を逃さない出来る限りの全力で取り組もう。



    ファン

  • フィジカル

    2014/09/11 00:012

    が、大雨洪水警報で

    かき消されてしまった本日のトレーニング。

    中断になった途端元気になる選手がちらほら。

    下半身中心の筋トレに変更。

    パートナーを決めてのトレーニング。

    中断になった途端元気になる選手同士が自然に組み合わさる。

    その選手達の取り組みにはやはり疎かになる傾向が目に入る。

    やるべき事が明確な選手は

    しっかりチャレンジしながらも

    楽しい雰囲気で行えていた。

    その雰囲気の中、やりきろうとしなかった選手も我に返り黙々とチャレンジし始め

    チームのパワーが1つの方向性に進み始めた。

    多少ロスする時間も流れるが

    自覚を持つ事によりチームの方向性に戻れるようになる。

    今回の2年生は例えマイナスの要素を含んでいても、全体でプラスにもっていける情熱や覚悟がある。

    1年生はその背中を見ながら淡々とレギュラー獲得に向けてチームを尊重しながらも精一杯努力している。

    まだまだ十分ではないのは確か。

    けどこの時間も目標達成のために必要な時間。

    そういった中でいかに戦えるという手応えを感じれるか。

    まずはセルフマネージメント。

    しっかり整理して取り組んで欲しい。

    明日もチャレンジの時間が待っている。

    チームコンセプトを胸に

    責任感と覚悟を持って

    全力を。

    また明日

    目標達成のために必要な時間をみんなで迎える。

    しっかり準備しよう。


    ファン

  • 最高の手応えを

    2014/09/10 01:252



    附属戦か終り、新しい体制でのスタートを迎えた。

    2年生が中心となり

    さらに進化していく決意を持つ意味で

    9/4,5,6の3日間を使い

    2年生だけのミーティングを実施した。

    本気になる。

    ただ本気になるだけではなく

    具体的にどう本気になるか。

    それは一人なのか

    最上級生の2年全体でのことなのか。

    手術の為参加が難しい状況の選手もいたが

    全員がやると。

    この3日間を通したミーティングは

    2年生全体に火をつけ

    お互いの本音をさらけ出し

    誰一人発言に対し否定せず

    その気持ちを尊重し

    考え、伝え、受け入れ、さらに考え抜き

    全員の心の声を最高のモノへと変化させた時間になった。

    そんな彼等に提案したテーマは

    【責任感と自覚】

    彼等は本当に希望に溢れていた。

    皆が意見し皆が尊重。

    皆が耳を傾け皆が悩み

    皆が諦めず皆で納得いく答えを見つけ出した。

    彼等の本気度を感じた。

    素直に格好いいと思った。

    こんなに充実していてその気持ちが万勉に溢れている表情は最高だ。

    お互いに目標に向けて

    なにがなんでも成し遂げるために

    みんなで突き進む事を決意。

    時にはつまづき遅れを取るかも知れない。

    でもそれは俺達がみんなで成し得る目標に

    必ず必要な時間になるはず。

    だから諦めず、置いていかず、共に対話し、共に支え、引っ張り、背中を押す

    勝負する時間を迎えた時

    そんな状況であったとしても

    俺達が目標を達成するためにはみんなで立ち向かう事。

    そんな覚悟を胸に2年生全員が心を繋ぎ止めたそんな時間にもなった。

    とにかく素敵な笑顔がいっぱいだった。

    彼等が一年後を迎える時

    これ以上の笑顔が見れるよう

    全員で頑張っていこう。

    みんなならやり遂げれる。

    みんなで決めた通り

    やってみせよう!

    まずは新人戦と区民大会。

    大会に勝つ為だけに練習をこなしても何かが疎かになる。

    俺らが勝ち上がるために必要な事は

    「これで戦える!」という実感と手応えをもつこと。

    その為には少ない準備期間ではあるが

    セルフマネージメントをしっかりし

    トレーニングの意図をちゃんと理解すること。

    そしてチャレンジする事を抜け目なく整理すること。

    あとは仲間達を信じ抜くこと。

    大丈夫。

    今の彼等ならなんだって乗り越えられる熱いハートが備わっている。

    後はそのハートを絶やさずトレーニングを積み重ねよう。

    必ず皆で戦える最後のインターハイに向けて

    最高の手応えを感じれるように

    新人戦、区民大会を

    達成後に皆で喜べるよう頑張ろう!





    ファン

































































































































1件 - 3件を表示:全238件