Hiromichi KATANOの写真

片野 寛理オフィシャルブログ by LaBOLA

  • 勝ったのにつまらなった試合 ~ FA CUP 2019 vs Pattani United (3/27)~

    2019/03/28 16:25Comment26

    すでに下位リーグでは始まっているFA CUP。

     

    昨日は何回戦目だったのかな?

    round 64くらいかな...

     

    T4(Thai League 4)に所属しているPATTANI UNITEDと試合だった。

     

    下リーグとの試合は決まって”勝って当たり前”という言葉が飛び交う。

     

    この考えは選手にとっては”焦り”を生み試合展開を早める。

    サポーターには”苛立ち”や”もしかしたら!?”という感情を生み出しスタジアムに独特の雰囲気を作る。

     

    相手は耐えてカウンターかセットプレーでの得点、もしくはPKでOKという狙いが明確になっているが、

    自チームは得点を急ぐ。

     

    0−0の状態が試合終盤に近づけば近づくほど、ボールの動きは単調になり人も動かなくなってくる事が予想される。

     

    それこそ相手の理想の試合展開だから、僕たちが考えるべきことは

    ”相手を崩すイメージを持ち続ける事”と”試合の流れのイメージを持つ事”

     

    これさえ分かってれば、落ち着いた試合運びができる。

    *先制される事は絶対に避けるのは言うまでもないね。

     

     

    相手は去年、T4に所属しているにも関わらず、カップ戦を勝ち抜きベスト4まで勝ち上がってきた力のあるチーム。

     

    どれほどのチームかと思っていたけど、始まって5分くらいで動けていないことが見て取れた。

     

    前線にそれを伝え主導権を取ることができ、先制点そして追加点がいい形から取れた。

     

    普段はサブもしくはメンバー外の選手も良いパフォーマンスを見せ、前半終わって6−0。

     

    後半...さらにメンバーとシステムを替え、監督は休まず攻撃に出るように指示を出した。

     

     

    この試合の問題点はここから始まる。

     

    6−0のスコアから逆転される事はこの試合の流れからまずない。

     

    だから監督はメンバーを替え、その選手がどのくらいの働きができるかを見ると同時に自信と経験をつけさせるために出している。

     

    しかし、うちの外国人選手は勝手なことを始め、攻撃にブレーキをかける。

     

    スムーズな展開が作れないどころか、失われ方が悪く相手にショートカウンターを受ける場面が増えた。

     

    当然だけど、前の選手と話すよね。

     

    そしたら”もう6点取ってるんだから上がってくるな”と。

     

    ふざけるな!!

    それでもお前は点取りたくて自分勝手なことばかりしてるじゃないか!

    チームを理解してないのはどっちだ。

    勝手なことやってるのはFWだけだよ。

    なぜチームのビルドアップのためにプレーしない?

     

    って言った。

     

    うちのFWの悪い癖。

    点が取れると色気付いて違う事をやり出す。

     

    うちの外国人選手の自分勝手さに本当に呆れる。

     

     

    後半だけ見ると3−2...危ない試合。

     

    これはメンバーが変わったからではなく、選手が勝手にコンセプトを変えてしまったから。

     

    チームのコンセプト(戦い方)を変えてしまうと、監督はチェックはできなくなってしまうし、その選手が示せるものがなくなってしまう。

     

    それにリーグ戦とカップ戦は違うし、試合の状況によっても変わってくるのは当然。

    公式戦の中でいろいろ試せるのは、この上ない状況なのに...。

     

    僕が言い返したのは、僕にそう言われたからではない。

     

    サッカーは自由なスポーツだからこそ、自分のプレーには責任を持たなくてはいけない。

    しかし、彼がそう言うという事は、

    彼の尻拭いをしろって言われてるって事。

    FWの責任を追うためにMFやDFがいるわけではない。

     

    プロ・アマなんて関係ない。

    人と人の繋がりでサッカーやってるんだから、味方を知って理解する必要があるしリスペクトすることが大切だと僕は思う。

     

     

    チームのために試合に出れなくても毎日ちゃんとやってる選手をリスペクトしない選手は嫌い。

    だって、その選手の替えはないから。

    そういう選手って取ってこれないからね。

     

    この2つの点で、チームと彼に考えの大きなギャップがあったんだ。

     

    良い関係が仲間と取れてやるサッカーは本当に楽しいよ。

    そのためにはチーム状況を理解して、仲間のことも理解してあげないとできない。

     

    バルサの試合見て、メッシって自分勝手だと思う?

    思わないよね。

    メッシが俺のために働け!って思ってプレーしてたらあんなチームは作れない。

     

    どこに行っても同じ。

     

    もちろんネガティブな部分だけではなく、ポジティブな部分も多かったよ。

    だから嬉しいんだけど、全然、面白くない試合だったな。

     

     

    いつも最後まで読んでくれてありがとうござます!

     

    kata #4

     

     

     

     

     

  • リーグ第5節 試合結果

    2019/03/13 15:13Comment22

    いろいろあった週だったけど...

    当日までになんとかチームが固まり、試合当日を迎えた。

     

    うちは本当に中盤がよく働いてくれる。

    いいリズムも作れるし、守備にも奔走できる

     

    その中で生まれた先制点はチームにさらなる勢いを与えたよね。

     

    ぼく自身も、インターセプトから上がっていって、その流れでアシストできたし、

    チームに勢いのあることは間違いない。

     

    ただ、悪い癖なのか...疲れてなのか...プレーを変えたときに、途端にリズムが悪くなり攻めれなくなる。

    つまり中途半端なプレーになって、相手がいい形でボールを奪って攻撃できるようになっちゃうんだよね。

     

    これは第3節から変わらない。

     

    いいチームと当たる前になんとかしないといけないんだけど...

    こういうのって練習でなかなかできない部分だし、練習試合でも難しいんだよね。

     

    関わるポジションの選手たちで話してくれた済むことなんでけど、なかなかね。

     

    試合の中でチームとしてやることを明確にし続けなくてはダメだね。

     

    結果は2-0で完勝。

     

    ディフェンダーとしては失点ゼロは気持ちがいい。

     

    それに前節に続き、ベスト11にも選ばれているから、なおさらいい気分ww

     

    また次の試合に向けて全力で頑張ります。

     

    アシストシーン

    ↓   ↓

     

    試合のハイライト

    ↓   ↓

     

    いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。

     

    kata #4

     

     

     

  • リーグ第4節 試合結果 ~チームにおいて何が1番大切なのか?~

    2019/03/09 00:31Comment25

    3試合を消化し、未だ戦い方がチグハグな状況にも関わらず、

    なんとか初勝利を掴み取った...その影響は大きい。

     

    特にFWの3人が活躍して勝ったことによって、

    <DFが守り、MFがお膳立てをして、FWがゴール前で仕事をする>

    という当たり前の形が明確になったこと。

     

    そのことで"誰がどんな役割を果たすのか?"を共通理解として持てる。

     

    各選手の役割がハッキリしてくると、選手の動きがより効果的に試合に出てくるようになる。

     

    つまり、僕が何を懸念しているかと言うと...

     

    『信頼』

     

    が、このチームにはない...ということ。

     

    いくらチーム練習をしても、または戦術の練習をしたからと言って、

    選手同士に信頼ができるわけではない。

     

    こうした経緯はチーム作りにおいて必ず辿ることなんだけど...。

     

    ただ、ぼくが後ろか見ていて目につくのは、外国人選手がタイ人選手を信頼していないということが明らかなこと。

     

    詳しくは書けないけど、単純に3人で攻めるのと5人で攻めるのはどっちが得点の可能性が多いかって話。

     

    その辺は試合が進むにつれて改善されると思うし、

    あまりにも酷かったら、ぼくも話さないといけないと思っているよ。

     

     

     

    前節の勝利がチームにもたらす影響は本当に大きくて、モチベーションがガラッと変わった。

     

    迎えたリーグ第4節はアウェーでMOF Custams Unitedとだった。

     

    相手は未だ0勝。

     

    なんとかここで勝っておきたい相手と、2連勝して波に乗りたいSisaket FC。

     

    この日は風もあって前半は風上からの攻撃。

    前半のうちに試合の流れを掴んでおきたい。

     

    アウェーにも関わらずバックスタンドがサポーターで埋め尽くされている

     

    その後押しもあって、ホームゲームさながらの攻撃を見せる中、

     

    15分にチームがこれまでやってきた形から先制点!

    一気にスタジアムが盛り上がる。

     

    相手DFは人を掴めていなかったから、ぼくもいけると思った。

     

    しかし、そこからなぜか攻撃の仕方を変えてしまった...。

     

    そのことで攻めあぐねる時間が続き、本来もっと点を取って折り返せたはずの前半はたった1点のリードしかなかった。

     

    案の定、後半は風下のため、必然的に押し込まれる形が多く、

    カウンターを狙うも、相手は慣れてきていることもあって決定機を作ることができない。

     

    残り10分にDFのクリアを押し込まれ同点。

     

    嫌な感じだなと思った。

    けど、相手も追いついた後にどうするのか?...チームとしてまとまっていなかった。

     

    その結果、FKを得て、勝ち越しゴールが生まれた。

     

    辛くも2-1で勝利。

    これで2連勝で次節はホームで試合。

     

    『信頼』をどう作り上げて行くのかが、これからの課題。

     

    試合のハイライトはこちら

     ↓ ↓

     

    いつも最後まで読んでいただきありがとうございます!

     

    kata #4

     

     

     

     

     

1件 - 3件を表示:全520件