Hiromichi KATANOの写真

2年半という時間 |片野 寛理オフィシャルブログ by LaBOLA

2年半という時間 

2018/11/28 16:038

ぼくは今、Sisaketというタイの東北地方(イサーン地方)にいます。

 

2018シーズンは現在行われているAFF SUZUKI CUPのため、9月末にリーグが終わりました。

 

10月はオフシーズンに日本に帰り、11月上旬にタイの2部(以下"T2")に所属しているSisaket FCというチームと契約をして、来シーズンに向けた練習がすでに始まっています。

 

 

前回のブログから2年半という時間の中で、ぼくは様々な経験をしました。

 

当時は2016年。

 

ぼくはSukhothai FCにいました。

 

Sukhothai FCに来たのは2015シーズン途中からで、T2からT1への昇格に貢献しました。

 

2016シーズン...

 

クラヴ史上初めてT1への参戦にも関わらず、前評判を覆しリーグを7位で終えました。

 

個人成績もセンターバックながら7得点をマークし、大手メディアSMM sportから年間ベスト11に選ばれました。

 

またFA CUPも獲り、AFC Champions League(プレーオフ)にも出場しました。

 

日本ではフッキの愛称でお馴染みのハルクやオスカルが所属しているShanghai SIPGと対戦。

 

しかし、人生初となる肉離れで途中交代...。

 

その後、度重なる怪我で、2017シーズンは出場回数も減りチームも低迷。

 

チームから解雇されました。

 

*2017シーズンのプレー動画はこちら

   ↓   ↓

 

*2016-2017シーズンのゴール集はこちら

   ↓   ↓

 

怪我で戦線離脱の多かった36歳になる外国人選手。

 

そんな中、声をかけてくれたのがTrat FC(T2に所属)です。

 

これまでぼくはすべてのチーム(全6チーム)、トライアルで契約を勝ち取ってきました。

 

キャリアの中で初めてのオファーを受けての移籍でした。

 

そして2018シーズンはこれも初めてとなるシーズンを通してキャプテンを務め、

 

去年、T2にギリギリ残留したチームは今年、リーグ2位でシーズンを終え、クラブ史上初のT1へ昇格を果たしました。

 

 

 

ぼくは来年で37歳。

 

タイでのキャリアは9年目になります。

 

まだまだ上手くなりたいし、より結果を出せる選手になるために1日1日を過ごしていこうと思っています。

 

 

今回、ブログを再開させようと思ったキッカケは...

 

ある選手と話したことが始まりでした。

 

その選手も現在トライアルに向け頑張っていて、いろんな話を聞きました。

 

自分の持ち味とか、なかなか評価されないとか、やりたいプレーを縛られるだとか...。

 

トライアルでの悩みは本当に多いです。

 

その中で、ぼくの経験とか考えを彼に伝えました。

 

それがすごく良いアドバイスになったみたいで、とても喜んでくれました。

 

そのとき、ぼくの経験は人のためになるんだと感じました。

 

だから、

 

日本と海外でプロとして生きていくために必要なこと

トライアルで必要なこと

ぼくのこれまでの経験の中で感じていることや考えなどを

 

ぼくを応援してくれているファンの方たちを始め、サッカー好きの人たち、プロになりたい!上手くなりたい!と思っている選手や子どもたちのために発信していこうと思います。

 

 

コメントはもちろん、質問や相談は気軽にメッセージください。

 

頂いた内容は名前は出さずにですが回答していきます^^

 

SNS上ではありますが、みなさんと会話をして情報共有しながらブログを進めていけたらと思っています。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

kata #4

Tagタグ

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。