Naoya SAEKIの写真

佐伯直哉オフィシャルブログ by LaBOLA

  • 日本一への挑戦

    2017/07/28 19:176

    息子との男旅。

     

    小学生のうちに富士山を登ろう!息子と決意して早2年。遂にチャレンジする時がきました。

    まぁ登山と聞いてテンションを上げる子供は少ないと思いますが、うちの子もそうで、半ば強引に誘い、私が一緒に何かを達成したいだけ。笑

     

    山小屋泊からの御来光、剣ヶ峰、お鉢まわりのお決まりコースを堪能しようと踏み出しました。

    時折、霧が多く視界が奪われることはありましたが、要所では天気にも恵まれて最高な富士登山といえるものとなりました。

    10:45〜 アタック開始!

    16:00 ここの山小屋でお世話になる。

     1:30〜御来光を目指して暗闇登山。

    4:50 Buena Vista!

     

    6:10 遂に3776mに立つ!

     

    6:20〜 おじちゃんが色々と教えてくれる。互いに目的を持ってチャレンジをしていると見ず知らずの人との距離感が縮まる時がよくある。

    途中まで一緒にお鉢をまわる。

     

     8:00〜 下山開始。が、まさかの下山で高山病。

    13:15 1番の目標であったチャレンジからの無事生還。

    そして乾杯!

     

    良くやり遂げた!

     

     

  • grandmother

    2017/07/09 23:273

    7/9、祖母が旅立った。

    95歳、大往生。

    40歳手前の男が未だに持っているおもちゃがあります。自分が小さい頃に祖父母に買ってもらったゴールドライタン。

     

     いい歳して恥ずかしいね。笑

    でもこれは捨てるとか誰かにあげるとかならないのです。宝物って意外とこういう物の事も言うんだろうな。

     

    何かと口うるさかった祖母だけど、いつも自分の事を気にかけてくれて可愛がってくれいた。
    小学生の頃から友達と出かけるというと、祖母のところに行ってはご飯を食べさせてもらって、お小遣いをもらっては遊んでました。

    大学卒業時、4年間もの間、お世話になった当時の監督、大澤先生に祖母からお礼の送り物してくれていたのを後日、大澤先生から聞いた。自分に内緒でね。
    それ以来、大澤先生もとても祖母の事を気にかけてくれて『おばあちゃんは元気か?顔を見せに行ってるか、大切にしろよ。』と言ってくれていました。

    もうおばあちゃんが危ないかもしれないと連絡をもらった昨日は行くことができず、なんとか頑張ってくれて夜は越せた。そして、最後の別れとなった今日、血圧も低く意識は無いであろう中、弱った心肺を懸命に動かし、私達に”ありがとう”を伝える時間をくれました。
    まるで私を待ってくれていたのかと思うような感じで数分後に息を引き取りました。

    祖母の手を握り看取る事が出来て良かった。
    良かったというのは不謹慎なのかもしれないけど、おばあちゃんの温もりを感じ、いつもありがとう!あの時はごめん!いつまでも見守ってて!またね!と、今までの出来事やこれからの事、いろんな言葉をかけられた。

     

    私は幸せ者です。

    おばあちゃん、ありがとう!

  • 痺れる戦い

    2017/07/07 16:56

    連戦の中、よく頑張ってくれた全選手・スタッフ。遠いところまで応援に来てくれた仲間。

    みんなで掴み取った総理大臣杯本戦への切符。

    さらなる高みを目指して行こう! 

     

13件 - 15件を表示:全583件