Takuya MIYATAの写真

Twitter|宮田卓弥オフィシャルブログ by LaBOLA

Twitter

2012/11/28 21:59Comment66

こんばんは。

先日開催されたFリーグ。W杯後ということもあり
たくさんのお客様に来て頂くことができました。
この機会を大事にさらに頑張って行きたいと思います。

さて、今回は広報について書いてみようと思います。
皆さんはチームからの情報は主にどうやって得ているのでしょう。
チームの公式HPであったり、TVやラジオといったメディアやブログ、
専門紙や専門サイトチーム・選手のTwitterやFacebookなどが主でしょうか。

今回はTwitterについて。
あくまでこの場の個人的意見ということでご了承ください。
(とはいえ方針を反映していただいてますが・・・)
現在シュライカーの公式アカウントでは試合のイベント情報や
メディア出演情報など発信しています。
もちろん試合の速報(実況はしていません ※これについては後から記述)
などもしています。
Twitterの良いところは情報が感染的に広がって行くバイラル効果が見込める
のが最大の利点ですね。試合によっては当日券の割引クーポンも発行しています。
(今季、シュライカーのホームゲームの前売り券を購入してくださったお客様には前売り券購入者特典がついています)
また、公式っぽくなく柔らかな呟きも特徴ですよね。
フォロワーさんからの素朴な疑問なども可能な範囲でお答えしています。

話は戻りますが、試合の実況について。
こちらの件は昨シーズンよりたくさんのお問い合わせやご意見をいただきます。
確かに細かく実況をしていて本当に会場にいなくても臨場感が
伝わるようにしてくれるチームもあります。リアルタイムにできるのは本当に
すごい事だと思います。

じゃあ何でウチはやらないのか。
やる、やらないについては様々な意見がありますし、正直、何が正解かは
わかりませんが方針というか思いだけでも知って頂けたらと思います。

まず、興行であるという事。
「試合」をお客様にチケットを購入して頂き観て頂く訳です。
W杯の映像を観てくれた方の中には試合はもちろん、会場の雰囲気も
伝わり本当にフットサルって面白いって
思ってくれた方がたくさんおられるかと思います。
正直僕もTVを見て会場に行きたいな!と思いました。
もしかしたらTwitterの文字ベースでもそんな力が働くかもしれません。
しかし「観る」事と試合の流れを「知る」というのは若干ズレがあるかもしれませんが
試合の臨場感はチケットを買ってくれた方の「特権」であると思います。
極論ですが、映画の内容を実況とかあり得ませんよね?
もちろん試合後のレポートなどは今後展開して行くべきだと思いますので
こちらは是非やっていきたいと思います。
Twitterだと公式アカウントで試合後に
@miyataku15のアノ企画が発動するかもしれません(笑)
試合の興奮をもう一度!とかこんなプレーがあったんや!と言った感じのものですね。

とりわけSNSの充実などで情報が入手しやすい時代になってきた訳で
各ツールの利点をうまく突きながらフットサルを盛り上げて行きたいと思います。

今週末は大田区セントラルが開催!第3クール突入です!
是非会場にお越し下さい!



シュライカー公式Twitter  @shriker_osaka
宮田の公式?Twitter   @miyataku15

MIYA


通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。
×