Takuya MIYATAの写真

祭りのあと。|宮田卓弥オフィシャルブログ by LaBOLA

祭りのあと。

2013/03/18 21:30Comment45



こんばんは。
昨日の激闘の余韻がまだ残ります。

昨日、PUMA CUP 2013全日本フットサル選手権の決勝が行われました。
シュライカー大阪は残念ながら準々決勝で名古屋オーシャンズに敗れ
敗退となっていましたが、大会を最後まで見届けようと代々木で観戦しました。

決勝戦のカードは
地域リーグ王者のフウガすみだVSFリーグ王者の名古屋オーシャンズ。

試合はフウガが常に先攻する展開でオーシャンズもしっかりと
強さを見せながら追いつきプレッシャーをかけて行く展開。
延長に入り名古屋が初めてリードを奪い、試合終了まで
残り4秒となった所で諦めなかったフウガが追いつきPK戦へ。

その結果、名古屋オーシャンズが見事優勝を納めました。
正直、試合が始まったときは決勝戦のこの舞台に
自分たちが居なかった事が悔しくてありませんでした。

「WITH PURE PRIDE」

このキャッチフレーズは大会プロモーションVTRに
入っていた印象に残ったフレーズです。

試合を観戦してお互いの持てる力を真っ向からぶつけ合う
素晴らしい試合に純粋にフットサルファンとして魅了されていました。

本当にこういったノックダウン制の大会は気持ちを
100%出さないと勝ち残れない、気持ちが強い方が勝つ。
改めて感じました。

会場で観た方はこの試合を観る事ができて本当に良かったと思います。
この先、後世に語り継がれて行くであろう素晴らしい試合でした。

少しのオフをはさみ、新シーズンにむけてスタートを
切りますが、観る方を魅了するチームを作って行きたいと思います。

一つ紹介したい場面があります。
PK戦となった激闘で、
フウガの5人目のキッカーが失敗し、名古屋の優勝が決まった瞬間
名古屋はGK川原さんのもとへ歓喜の輪を作りに行きましたが
フウガの選手たちも直ぐ失敗したキッカーのもとへ
走って包み込むように駆け寄って行き選手を抱きしめていたのが印象的でした。
本当にあたたかいチームだと感じました。

最後になりますが
名古屋オーシャンズに関わる全ての皆様、優勝おめでとうございます!

今シーズンも応援ありがとうございました。
来シーズンもチームの為に全力で頑張りますので
よろしくお願いいたします。



MIYA


通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。