Takuya MIYATAの写真

集客。|宮田卓弥オフィシャルブログ by LaBOLA

集客。

2016/01/26 18:09Comment54

こんにちは^^


今日はちょっと真面目なお話を。

今月はじめにリーグ戦が終了し、チームのフロント業務は
来季に向けて動き出しています。
スポンサーに関すること、スクール事業のこと、
ファンクラブの内容、チケットに関すること、日程調整のこと、
ユニフォームのこと。
毎年オフシーズンが一番忙しく、バタバタしている感じがします。

特に自分が関与するのはチケットのことで頭を悩ませます。

何事においてもPDCAのサイクルが必要ですね、
P-PLAN
D-DO
C-CHECK
A-ACTION
現在は「C」の部分を行っています。

個人的に感じている部分ではありますが・・・
Fリーグではどのクラブも集客に苦戦している感じがします。
(ですがクラブによっては最近自力の差が出始めているような気もします)

「入場料収入」というのはクラブにとって大きな収入源になるがゆえ、
クラブにとって重要な所でもあります。
スポンサー収入により成り立っている部分もあり、広告といった意味では
入場者数はとても大切です。

そうなるとクラブは招待券や広告などで集客に努めます。

方法としては間違っていないと思いますが、
きっと集客することが「目的」になっているのではないか、
そういう傾向が強い気がします。

必要なことは「集客」してその人たちをどう囲っていくのか、
集客の方法ではなく、集客した後のことを徹底的に突き詰めて
長期的に考えなければ、たとえたくさん人が集められたところで
大きなマイナスしか生まれないと言う事ですね。
(毎回新規のお客様を呼んで積み上げることができない)
もともとサービス業(飲食店)を経験していたこともあり、
こういったことには敏感になります。

ディズニーランドやUSJなんかは、
毎回必ずクオリティの高いエンターテイメントが提供されます。
それと異なりスポーツは勝敗であったり、その試合の
背景であったり、様々な要素が絡みあうため、
試合そのものの「価値」が変動します。
どんな試合でも「来て良かった」と来場者に
感じてもらう会場創りが急務だと考えています。
フードコートであったり、音響、映像、照明、イベントetc...

運営には「コスト」がかかります。
「コスト」といっても「金銭的」「時間的」「精神的」と多様。
これらの「コスト」の上手な使い方が
大きな課題なのではないかと思います。

来季はFリーグも10年目を迎えます。
W杯イヤーでもあるので重要な1年になるでしょう。
課題は山積みですが
課題が明確な分、やりがいはあると思います。

2016/2017シーズンは新たな企画も計画しているので
楽しみにしていただけたらと思います!


※本文とは関係ありませんが我が家の愛兎を(笑)



MIYA









通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。