Takuya MIYATAの写真

オーシャンカップ2014終了。|宮田卓弥オフィシャルブログ by LaBOLA

オーシャンカップ2014終了。

2014/05/27 16:07Comment29

こんにちはー。


体調不良により
10年ぶりに点滴をしてきましたー><







さて、今シーズン初の公式戦となる

オーシャンカップ2014が開催され、
名古屋オーシャンズの優勝で幕を閉じました。

優勝:名古屋オーシャンズ
準優勝:ペスカドーラ町田
3位:湘南ベルマーレ
4位:シュライカー大阪

準決勝で名古屋オーシャンズに対し、
延長戦までもつれた結果、残念ながら敗れ、
3位決定戦ではPK戦の末、湘南ベルマーレに敗れ4位となりました。

PK戦で最後のキッカーを託され外してしまったヒデ(齊藤秀人)。

今シーズンから加入し、公式大会のデビュー戦だったけど
良い経験になったかな。
流した涙はきっとこの先の糧になるはず。

そしてPKを外してヒデの所にすぐ駆け寄った先輩選手達。
今シーズンの雰囲気の良さが表れてました。

結果は残念ながら4位だったけど
今シーズンは本当に楽しみなチームになると思います。

6月はプレマッチ、今治合宿を経て、27日の開幕を迎えます。
この1ヶ月間はとても重要ですね!



そして大会を通して感じたこと。
各チーム、たくさんの方の協力もあり、ユニフォーム広告の掲出可能場所が
以前に比べ拡大しています
ユニフォームは胸、背中、左袖、両鎖骨部分。
パンツは前面の裾左右、背面の左右裾、
そして背面の腰の部分。
面積にするとかなり大きな面積です。

もちろん面積が大きければ広告掲出料も高価になるわけで。

近年、試合中にシャツをパンツに入れる義務はなくなりました。
僕個人はシャツ出しのプレーはかっこいいとは思いませんし、
シャツ出しのプレーに口を出すつもりもありません。

しかし、今大会のほとんどの選手はシャツを出したままのプレーをしていました。

腰部分に広告が入っているチームの選手でさえも。

スポンサーはチームの活動、遠征、ホームゲーム運営費、選手の報酬に対し、
大きな金額を払ってくれています。
チームはその対価として広告を掲出します。

その意味をもっと選手に理解して欲しいな、と感じた大会でもありました。


6月7日(土)プレシーズンマッチin堺













MIYA

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。