Torashi SHIMAZUの写真

島津虎史オフィシャルブログ by LaBOLA

  • 体育大会

    2019/09/21 09:242

     

     

    ご無沙汰してます!
     
    なんだか久しぶり過ぎてブログのメール探すのに時間がかかってしまいました(^^;;
     
     
     
    こんな時間になってしまいましたが、一昨日は移動して初めての体育大会でした。
    前日の雨でグランドが心配されましたが、行うことができました(^^)
    みんなの日頃の行いがいいからだな〜!
     
     
    練習の時に言ったこと、覚えてるかな?
     
    「 NO1を目指すならNO1の練習をやらなきゃいけない 」
     
     
     
    君たちはやりとげた!
     
     
     
    前日、前々日と自分の思いをみんなに話した時、あと一歩のところまできてるのに…
     
    それをみんなで気づいてみんなでやりきらなきゃって…
     
    自分の思いが先に出てしまうのは自分でもダメだって思いながらも話しをしました。
     
    本番、みんなはどんな顔して来るのかな〜
     
    考えながら黒板に書いていました。
    もちろん、恒例の掃除も(笑)
     
     
    朝、みんなの顔見て安心しました。
    黒板に書かれたみんな言葉で確信しました。
     
    素晴らしい3年生、1年生の縦割り集団に恵まれ、結果も十分過ぎる内容でした。
    一つ一つの瞬間を大切に、そして全てに全力で、仲間を信じて走り、最後まで諦めないために声を上げ、一生懸命な姿に会場の心を動かした。
     
     
    みんなと一緒にあの場に入れたことを本当に幸せだと感じました。
     
     
    ありがとう!
     
     
     
    帰りにも話しましたが、ここからが大切だぞ!
     
    NO1ならNO1にふさわしいクラスにならなきゃいけない!!!
     
     
    学校生活、次の合唱、このクラスとして、この学校の大切な一人として全力でやりきれる人になっていこうな!!!
     
    その先に「 最高 」が見えてくる!!
     
     
     
     
    最後に、恒例のお弁当!
    いろんな意味で最高でした(^O^)!笑笑
     
    ありがとう(^-^)
    すべていただきましたた(๑>◡<๑)
     
    さあ、NO1の生活スタート!!!
     
     

     

  • 一生懸命生きる

    2019/03/12 04:084
    3月11日。
     
    いろいろな人のいろいろな思いがある日。
     
     
    あの日から8年も過ぎてしまった
    と感じる人もいれば、
    8年前と何も変わらない人もいる。
     
     
    失い過ぎました。
     
     
     
    今日、学校では黙祷を全校で行い、私が話をさせていただきました。
     
     
     
     
     
    これまでの人生で、私が大切にしてきたのは『一生懸命』という言葉です。今もそう思って毎日生活しています。しかし、『一生懸命』の本当の意味が分かったのが8年前の今日です。東日本大震災が起きた日です。生徒のみなさんも、当時のことはテレビのニュースや新聞、インターネットでいろいろな情報を得ていることだと思います。私は、朝礼や授業でも話をさせてもらいましたが、あの日、あの時間、あの場所で地震を経験しました。とても大きな揺れで、今でも思い出すと恐怖を感じます。そしてあの大きな揺れから数時間後、今まであった当たり前の生活がなくなってしまいました。
    親に起こされ、朝食を食べ、「いってきます」と学校に向かう。苦手な授業を受けて先生と話をして、休み時間は友だちと楽しく話しをする。しかし、その生活が一瞬でなくなってしまった。今でもこの日から気持ちが止まってしまっている人も多く存在する。失い過ぎた。この日を境に自分の人生が大きく変わった人はたくさんいると思います。わたしもその一人。サッカー選手から教師になった。自分には何ができるのか、何をしなきゃいけないのか。
     私が出した答えは、『伝える』。
     地震そのものの怖さ、人を失う怖さ、やるべきことや行動、そして人の優しさ、命の大切さ。まだまだ伝えたいことはたくさんあります。
     8年が経ち、戻りつつあるものもあります。食べるもの、着るもの、住む場所も。しかし戻らないのは失った『命』。
     私がすべてを伝えられたかどうかはわかりません。8年前の教訓を生かし学校でも避難訓練をしています。道徳では命の大切さの話もしています。学活、総合では多く人の支えや仲間の大切さを学んでいます。今日だから命のことを考えるのではなく、今後も自分の命を大切に考えていける人になっていかなければいけません。今君たちがやらなきゃいけないこと、それは今を『一生懸命』生きること。生きるために優しさ、厳しさ、人の思い、自分が生きていることを大切にする。自ら命を絶ってしまうことも、人の命を奪ってしまうこともしてはいけない。与えられた一生を、人の支えを感じながら懸命に生きていけるようになっていきましょう。
    最後に、東北の友人から、「いつもありがとう、あの日失い過ぎた。でもそれ以上の支えを感じ、うれしい涙を流せるようになったよ。一生懸命、生きます」


     
     
     
     
    あの年は本当にいろいろあった年。父親が亡くなり、友人、真さん、松くん。
    自分にとっても人生が大きく変わった日。
     
     
    つらい毎日だったけど、今も自分は生きています。
     
     
    多くの人の支えを感じながら一生懸命、大切に生きていきます。

     

  • 7年

    2018/03/19 05:158

    今年は自分が教師になり、初めて中学3年生の担任をしました。あと少しで卒業です。

    今日はチャレンジカップの準決・決勝。
    黙とうからスタートしました。


    7年前、こんな人生になるなんて思ってもいませんでした。

    東日本大震災から7年が経ちました。

    地震という天災は、多くの犠牲者を出し、被害に遭われた方は、どこに怒りをぶつけていいのかも分からず。
    同じ場所に住んでいた人間として、恥ずかしい話、年々自分ができることが減っています。
    しかし、プロサッカー選手から教師として生きていくことを決め、この7年は
    『伝える』
    ことを決め、生活してきました。
    小学生や中学生に伝え続けることは自分ができることであってすべきことだと思っています。

    あの出来事は、忘れてはいけない。

    日本に住み、この時代に生きた人は後世に伝えなくてはいけない。

    日本のどこで天災が起こっても、みんなで助け合う。

    そんなに国になって、いかなければを

     

    いけない。

    みんなでがんばりましょう(^-^)

1件 - 3件を表示:全68件