Ukon KAKIMOTOの写真

#224 サッカーをやっててよかったぁ|垣本右近オフィシャルブログ by LaBOLA

#224 サッカーをやっててよかったぁ

2011/03/30 10:19Comment216

地震があってから改めて、サッカーというスポーツをやっていて本当によかったぁと感じました!!


世界で活躍している日本人選手や強豪クラブは日本に宛てたメッセージを残し。
スペインやイタリアなど世界の強豪国が日本とチャリティーマッチの開催を打診。
ジーコがブラジルで日本の為にチャリティーマッチを開催を発表。
サッカーを通じたくさんの人達が日本の為に行動に移してくれています。



 


そして昨日のチャリティーマッチ。
どちらが勝利をするかというよりも、両チーム気持ちが入ったプレイを繰り返し、見ている人に元気や希望を与えてくれた。


 


そしてカズゴール!!
からのカズダンス!!
からのカズコール!!


 


なんなですかねぇ。
この気持ち。
「やったー!」
という感情よりも
「ありがとう、カズさん。」
っていう気持ち。





このゴールを取る為に、たくさんの人たちに勇気や希望を与える為に44歳になっても尚コンディションを維持してきた。
誰よりも早く練習場に来て、誰よりも多くの時間を身体のケアに使う。
リーグ戦に出れない翌日の大学生との練習試合も率先して走る。
毎日の積み重ねから生まれたゴール。



 


僕らは昨日のカズさんのゴールと素晴らしい試合でたくさんの勇気をもらいました。
その勇気を仕事の糧にしてまずは東京から元気になっていかなくてはいけない。
そして東京の元気を東日本に届けなきゃ!!



世界で1番人気のあるスポーツサッカー。
世界のどこへ行ってもボール1つさえあれば仲良くなれることができるスポーツ。
どのスポーツよりも先に世界からメッセージが届き、どのスポーツよりも先にチャリティーマッチというイベントを開催。
スポーツの素晴らしさや大切な事をたくさん教えてくれるサッカー。
そして日本各地で同じ想いを持った人達がチャリティーフットサルを開催。
日本サッカー協会がやろうとしていることを、たくさんの人達が実戦しようとしている事。
日本サッカー協会がここまでやってきたことの成果で、素晴らしい取り組みをしてきたんだと。
サッカーをやっていて本当によかったなぁと改めて思いました。









って言っても実は昨日の試合生で観戦することはできませんでした。
チャリティーマッチの裏側でチャリティサッカーの打ち合わせ。
NIKEサッカー部の方々と「僕たちにできること」を考え打ち合わせをしてきました。
サッカーやフットサルをやっている僕らにできること。
色々な人の想いを形にして。
たくさんの人の笑顔が見れるように♪






 



 



 



 



 



 



 



 































通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。