Tagタグ

”views”

 皆さま、ご無沙汰しております。
1日一回ブログアップが目標ですが、
毎日寝落ちで、体力の限界を感じます。
 
 さて、今回のお題はスポーツ関連ではなく


 ”views”

 

 そう、つまりカウンターですね。
ブログの場合、その記事の”閲覧者数”です。

 

 

 一般の方のブログの中央日付並びの右端に

あるあれです。
 
 これって、気にする人と、気にしない人、

いると思います。
 
 僕は、あまり気にしない方かなー?

 でも、見られないより、見てもらったほうが、

嬉しいですけど。
 
 とくに、covid19の感染が注目されて以降、

情報として発信したい内容が多かったので、

皆さんに周知したいときにはより多くの方々に

ご覧いただいく事が必要だと思いました。
 
 その時に思ったのが、
 
 「ほんとに多くの人が見ているのか?」
 
 このLaBOLAのブログはSNSと連携できますが、

SNSって”クローラー”が巡回しています。
 
 ”クローラ(Crawler)とは、ウェブ上の文書や

画像などを周期的に取得し、自動的にデータベース

化するプログラムである。

 

「ボット(Bot)」、「スパイダー」、「ロボット」

などとも呼ばれる。”by Wikipedia

 

 つまり、人が見ているわけではなく、プログラムが

自動巡回しているわけです。
 
 サイトによっては、クローラーの巡回を
”views=カウンター”から自動的に外したり

するとこもありますが、ここLaBOLAでは、

どうやら、クローラーも閲覧者数に入っている

のではないか?と、思われます。

 

 最近はそんな事を言う人はいませんが、

アメブロが始まった初期は、あまりに閲覧者が多い、

というか不自然に多過ぎたので、閲覧者数の2/3は

クローラーなのでは?(あくまでも噂でしたけど)

 

と、言われた事もありました。
 
 閲覧者数が多ければ、それだけブログ更新の

励みになります。


 なので、閲覧者数が多ければそれだけユーザー数

も多く、結果的にそのサイトは賑わいを感じられ、

さらに登録者が増えると言う仕組みです。

 

 つまり、閲覧者数が客寄せになるわけです。

 


 クローラーは検索エンジンのインデックスや、

検閲の役割があるので、必要なものではありますが、

かと言って誰も見ていないのに閲覧カウンターの

数字だけが上がるのでは、あまり意味がなくなって

しまいます。
 
 なので僕は”views”はあくまで参考程度と

考えています。

 

 ですから僕は、読んでいただける常連さんが喜んで

いただけるよう、日夜知恵を絞る毎日です。

(寝なければ・・・)

 

 松本 深誌’さん、Mr.blackさん、mykさん、Kさん他、

これまで👍して下さった皆さんはじめ、読んで

いただいている皆さん、この場を借りて感謝です。
 
 文中のリンク先はすべて、引用元、
または参考元です。

 

 世の中の文字と言葉が、
優しく、暖かい心で溢れますように。  

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。