Scheduleアーカイブ

先週のとある一件で...

事後報告になりますが...


 


先週5月15日の午後、二男が車にはね飛ばされる事故に遭いました。


 


幸い擦り傷・打ち身程度の軽傷で済みましたが、一応「人身事故」と言うことで、検査→一泊入院であたふたしました。


 


翌日から滋賀県の出張が決まっていましたし、夕刻から夜半にかけて三度の病院までの往復で疲れ果ててしまいました。


 


 


相手方は、57歳の男性ですが、結局一度も顔を見せず仕舞い...(>_<)


 


しびれを切らした私が直接電話すると...


 


『俺はこんなの初めてで怖くなってしまった...』


 


『保険屋に全部任せてある...』


 


『ビールを飲んでしまったのでこれから行けない...』


 


その常識の無さに、さすがの警察、そして相手方の保険担当者も呆れかえっていました。


 


 


不意に”お泊り”することになった息子はどこか落ち着かない様子でしたが、時期に慣れて来たのか『本を読みたい...』などと言うので、最寄りのローソンで”こち亀”を買い与えると、ひたすら読み漁っていました。


 


翌日の午後、無事に退院して『通院の必要も無し...』と言うことで、先ずは何より一安心!


 


5月18日の午後、人身事故の調書の作成で警察に出頭しました。


 


道中、交差点に差し掛かると『あの人のように交差点でも自転車から降りて渡りなさい!』と言い聞かせました。


 


 


昨夜は、毎週末通っている公衆温泉に行く途中、敢えて事故現場まで足を伸ばしました。


 


現場付近で車を止め、おそらく当日にはできなかったであろう当事者を交えての実況見分を行いました。


 


『車でここにいたおじさんからあそこにいたお前が見えるか?』


 


『垣根越しに見えにくいところにいたお前がもっと注意をしなければいけなかったな...』


 


 


本当は、加害者の運転者と対面させて、息子にも過失があったことをしっかりと認めさせたかったです。


 


被害者⇔加害者の問題でなく、お互いに向き合って謝罪する場を持ちたかったです。


 


昨日の夕刻、保険担当者が訪ねてきた際にその胸の内を伝えたところ、『加害者としてはあってはならない態度です...』と苦渋の表情をしていました。


 


 


明日、新品の自転車・ヘルメットを購入しに行きます。


 


勿論、費用は保険会社負担になります。


 


息子には、何かを感じ取って欲しい今回の一件でした。


 


 


 


 


 


 


 


 

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。