MPシリーズ良いよな...(^_-)-☆

三連休の初日の9日に、予定通り熱海倶楽部 東軽井沢ゴルフコースに行って来ました。

 

関東訪問の大雪情報があったせいか、スキスキ状態で快適にラウンドできました。

 

うす曇りのほぼ無風状態で、カッチカチのフェアウェイとグリーンを除けば、この時期まあ十分堪能できました。

 

UTのMP FLI-HI(3U・4U)とウェッジのMP R5-L(52・56)ですが、当日シュリンクを剥がすまさにぶっつけ本番の初打ちになりました。(おいおい...苦笑)

 

 

先ずMP FLI HIの方ですが、下が凍ていることもあるのでしょうか、手先で合わせに当てに行くとチョロの連続になりました。

 

3回目のトライで、しっかり回転しながら打ち込んでみると、3Uで190y中弾道のドローが出始めました。

 

4Uも同様ですが、ゆったり大きく回転しながら→しっかり打ち込む を念頭に使って行けば、ティーショットや2打目・3打目で吹け上がらない強い球で攻めることができそうです。

 

 

一方のMP R5-Lですが、凍っているグリーン周りの状況では、正直レビュー出来ない状態ですね。(爆笑)

 

際だったスピン性能等は感じられませんでしたが、UT→アイアン→の流れを感じながら、違和感なく良い感じでアドレスに入れました。

 

後日、また別途レビューしたいと思います。

 

 

さて、先月に同コースで筆卸をしたMP-66 アイアンですが、全体的に良い感じです。ヽ(^o^)丿

 

KBS TOUR C-Taper95Sとのマッチングが功を奏してか、左への引っ掛けがほぼほぼ壊滅したんです!!

 

ショートの136yを9Iで、同じく175yを5Iでフルスイングしたんですが、捉まった綺麗なハイドローでピンを狙うことができました。

 

カッチカチ...のグリーンに弾かれましたが(爆)、数年来の悩みが一挙に晴れたような快感に満たされました。

 

 

オマケですが...

 

M2 2017 エボⅢ 661Sで放った367yのPar4のティーショットで、何と320y超の飛距離を計測したんですよ!!

 

おそらく、凍結状態の打ち下ろしの下り斜面で弾かれたためと思われますが、当たり自体が会心の一発でしたので気分最高でしたヽ(^o^)丿

 

そろそろ、M5 TOUR エボⅤへの買い替えを考え始まていたところでしたが、M2 2017 エボⅢは業界の高評価のその通り捨てがたい”名器”です。

 

 

スコアは、90前半が見えていたんですが、上がり3ホールでキンコンカーンのOB・1ぺの3連発(ティーショット1発・凍結グリーン周り2発)と雪崩のように崩れ去り、上がってみればよもやの三桁の103...m(__)m

 

でも、カッチカチ...の2月に、現地初打ちの状況下としては十分な成果を得られたと思っています。

 

今季は、MIZUNO所属 10頭身の原 英莉花 で行くことになっています。(爆)

 

と言うことで、次回3月は、佐久リーゾートゴルフ倶楽部を企画しようと思っています。

 

佐久リゾート...そうです...英莉花の師匠 ジャンボ尾崎監修です!!

 

 

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。