Scheduleアーカイブ

バンパー修復は楽しかったなヽ(^o^)丿

昨年の大晦日の31日の夕刻、1年の垢を市内のりんごの湯という市営の温泉施設で流した後、近隣のファミマ立ち寄って休憩していました。

 

15時頃になると、予報通りに天候が急変していきなり暴風雪が吹き荒れ出しました。

 

暫く様子を診て帰ろう...としていた矢先、バッコ~ンと後部の方から大きな激突音がしたのでびっくりして車外飛び出したところ、ファミマの方から飛ばされて来たと思しき小型のポリバケツが転がっていました。

 

こいつか...と取り上げようとした瞬間、ファミマのバイトの女の子が現れて申し訳なさそうにしていました。

 

店長が不在であること、このバケツはファミマの物ではないこと等の情報を確認の上、後日もし破損個所が見つかったらファミマの敷地内で怒った物損事故として対応の可否を検討して欲しい旨を店長に伝えて欲しいと依頼してその場から離れました。

 

途中、広い屋根付き駐車場のあるYAMADA電機に寄ってさっそく破損状況の確認をしたんですが、はやり後部バンパの正面と底部に衝突時に生じたと思しき打痕と塗膜剥がれが数か所確認されました。

 

その場で、さっそくエビデンスとなるiphoneで写真を撮り再度ファミマへとトンボ返りをしたところ、先ほどのバイトの女の子が未だ就業中でしたので、破損個所の画像データを持って来たんだが店長はいるのか...と尋ねてみたところ、運よく出社しているとのことでしたのでさっそく状況と経緯の説明を始めました。

 

店長曰く、防犯カメラを分析したところ後部でなく右後部席サイドに激突している...確かにファミマの敷地内で発生しているので申し訳ないと思うが...このバケツはファミマの所有物ではないので何とも対応できない...希望するなら警察を呼んで対応してもらうこともできるが...の繰り返しでした。

 

この時点で、これ以上時間をかけて泥仕合に持ち込んでも埒が明かないと思った私は、来店客が店舗の駐車場内で見舞われた理不尽な破損事故の再発防止策の立案→実行を要望して帰路につきました。

 

明くる新年1月1日はアルバイトも休みでしたので、日中の日差しが戻った数時間を有効活用して破損個所の修復作業に入りました。

 

以前ホームセンターのDCMで購入したサンドペーパー#600と#1000で凸凹箇所を平坦になるまで切削して、その上に昨年楽天市場で購入したTOYOTA純正カラー040のタッチペンで補修しました。

 

乾燥するまで30分ほど見て、その後再度サンドペーパー#1000をかけて凸凹を均し、その上からソフト99の040スプレーを3度ほど重ね塗りして自然乾燥させました。

 

翌1月3日に確認したところ塗装漏れとムラが確認されましので、スプレー040を新調して塗装とサンドペーパー#1000での研磨の作業を何度も根気よくさらに繰り返ししました。

 

そして昨日1月4日になって、今回の事例はほぼほぼ無傷の状態原状回復することでが確認できましたので、事の発端になった現場のファミマに出向き、今回は自分で修復できたのでお互いこれで収集しよう...あの日は風雪厳しい中で長時間対応させて申し訳なかった...と自分なりの対応と思いの丈を率直に伝えて理解してもらいました。

 

さらに、昨年自分で修復したフロントバンパーに向かって正面右が今一つ光沢が出なかったことを思い出し、この際ついでに是正しようと言うことにしました。

 

そこで、ソフト99 コンパウンドシート 184と、ソフト99 コンパウンド 極細022と、ソフト99 コンパウンド専用スポンジと、それに拭取り用のタオル締めて2300円ほどの資材を買い求め、18時からのバイトまでの時間に完工する予定で着手しました。

 

運よく、昨日は6℃超と3月を思わせる温かさに恵まれ、ポカポカ小春日和の中でその昔国体が開催された近所の運動公園の駐車場で作業に没頭すること約2時間あまり、見違えるほどに光沢が蘇りましたヽ(^o^)丿

 

今回31日のあのアクシデントに見舞われていなかったら、フロントバンパーの是正も無かったんだな...と、実に感慨深くなりました。

 

今回の年末年始は、令和3年を何か象徴するような出来事がありました。

 

我ながら不器用なくせに実は好きなんだな...と改めてしみじみ実感しました。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。
×