俺から見たバルセロナ対スラヴィア・プラハ

チャンピオンズリーグ、グループリーグ第4節、バルセロナ対スラヴィア・プラハです。

 

前半

スラヴィア・プラハは4-5-1の布陣で3節同様、CB以外はほぼマンマーク。さらに中盤とDFの間が芝生の色分け1つ分(およそ5.5m!)という超コンパクトな布陣。

 

一方、バルサも守備のよせがいつもより早く警戒している様子がうかがえます。

 

4分、シェフチクが右サイドでスルーパスを受けてゴールライン際まで侵入してクロス。ラングレに当たりボールはゴールへ。テア・シュテーゲンが何とかはじき出します。

 

序盤はスラヴィア・プラハが主導権を握ります。

 

10分、右サイドでピケがセメドにスルーパス。セメドが完全に抜け出しGKと1対1になります。セメドはニアへシュート。コラルがファインセーブ。

 

バルサはセメドがタイミングよく上がり、マンマークにつくオラインカを出し抜ければチャンスを作ることができます。

 

21分、右サイドからメッシのフリーキック。直接狙いますが、コラルがセーブします。

 

25分、左サイドでアルバがグリーズマンとのワン・ツーで抜け出し、中央へクロス。メッシがダイレクトシュートもゴールならず。

 

26分、オラインカが左からカットインしてからマイナスクロス。スタンシウが合わせますが、シェフチクに当たり枠の外へ外れます。

 

28分、右サイドでメッシがショートコーナーを受けて中央のアルバにパスしてするするとニアサイドのゴール前へ。アルバはメッシの動きに合わせてループパス。メッシはマイナスのクロスを送りますがDFがクリアします。

 

32分、中央左からスタンシウのフリーキック。ファーを狙いますがわずかに枠の右に外れます。

 

34分、メッシがハーフウェーライン右サイドに開きボールを引き出します。パスカットに来たフリドリヒと入れ替わるように抜き去り、ゴールへ向けてドリブル開始。フリドリヒがあきらめずに追いかけメッシの前に追いつきますが、メッシは体を入れながらカットインしてファーサイドへシュート。ゴール左上隅のバーに嫌われます。

 

42分、トラオレの横パスミスをグリーズマンがカットして中央のビダルへスルーパス。しかし、パスが弱くてその間にDFに戻られます。ビダルは左のメッシにパス。メッシはトラップからシュートを放ちますがコラルがファインセーブ。

 

直後のコーナーキック。デンベレのキックにピケが合わせますがコラルが再びファインセーブ。

 

46分、スラヴィア・プラハはバルサを押し込み、スタンシウがミドルシュート。DFに当たり、ゴール前にこぼれたボールにボリルが反応しシュート。テア・シュテーゲンがはじきますが、再びボリルがつめてゴール。しかし、スタンシウのミドルシュートを打ったタイミングでオフサイドでした。

 

前半は、どちらかというとスラヴィア・プラハペースでしたが、0-0で折り返します。

 

後半

バルサはアルバに代えてセルジ・ロベルトを投入。セメドを左SB、セルジ・ロベルトを右SBに起用します。

 

バルサが前半より高い位置でプレスをかけ始め、クリアボールを回収し流れを変えてきます。

 

9分、右の高い位置でデンベレが受けてタメを作り、その間にセルジ・ロベルトが内側をオーバーラップ。デンベレはその動きに合わせてループパス。セルジ・ロベルトはトゥキックでダイレクトシュート。コラルがファインセーブ。

 

12分、左中央でデ・ヨングがメッシにスルーパス。メッシは反転して受けて抜け出し、コラルを引き付けて右中央を駆け上がったビダルにラストパス。ビダルはフリーで流し込みましたが、メッシがパスを受けた時点でオフサイドでした。

 

15分過ぎ、スラヴィア・プラハに疲労の色が見え、バルサが主導権を握ります。

 

32分、バルサの速攻。グリーズマンが右中央で受けて中へドリブルし、左のファティへ展開。ファティはタメてからDFとGKの間にグラウンダーのクロス。メッシがニアで合わせますがコラルがファインセーブ。

 

46分、メッシが右サイドからカットインしてDFを引き付けて左のラキティッチへパス。ラキティッチはDFとGKの間にクロス。ファティとビダルが飛び込みますが合いません。

 

スコアは動かず、0-0の引き分けでした。

 

気になったプレーヤー

バルセロナ

#10メッシ

調子は悪くないし、キレもあるがスアレスがいないのが痛かった。また、アルバとのからみが珍しくなかったことが気になるが、アルバの怪我の影響であまりオーバーラップしなかったからかもしれない。

 

#17グリーズマン

存在感は薄かった。一部メディアでメッシがシュートをバーに当てたシーンで、グリーズマンがフリーでいたのにパスがもらえない、スアレスならもらえていたという記事を目にした。しかし、私は的外れだと思う。スアレスとは数年一緒にプレーをしているがグリーズマンとはまだ2か月程度。とてもフィーリングが合う選手も稀にいるが、数か月で阿吽の呼吸でプレーをするのは至難の業。スアレスだってフィットするのに1年近くかかっています。長い目でグリーズマンは見てあげたい。

 

#11デンベレ

前半はセメドにスペースを作る動きで貢献。

 

スラヴィア・プラハ

#1コラル

ファインセーブ連発。ポジショニングがいいGKです。この試合のMVP

 

総括

バルセロナ

マンマークなどで中盤を抑え込まれ、DFからのビルドアップを阻止されると有効な手がない。この試合では招集外になったアルトゥール、ブスケツ、デ・ヨングのトリオだと何とかしてくれそうな気がするが、それ以外だと難しい。バルベルデ監督の戦術プランも相手を何とかして崩そうという工夫は見られない。攻守にわたり選手の個の力頼みと言わざるを得ない。フロントは監督交代も視野に入ってきている気がします。

 

スラヴィア・プラハ

前の試合でも思いましたが、チーム戦術が徹底されてチーム一丸となって試合に臨めている。超コンパクトな布陣とマンマークの付き方は芸術の域に達しているといっていいほどだと思う。ビッグネームな選手はいませんが、チーム力ではバルサと互角でした。試合を見ないで、選手名を知らないから格下という認識は捨てたほうがいいぞということを体現している好チームです。残り2試合のインテル戦、ドルトムント戦で勝利しても私は全く驚きません。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。