Tagタグ

俺から見たアトレティコ・マドリード対バルセロナ

第15節、アトレティコ・マドリード対バルセロナです。

 

バルサはアンカーに出場停止のブスケツに代えてラキティッチを置く4-3-3で試合に臨みました。

 

一方、アトレティコはモラタとジョアン・フェリックスの2トップ。こちらも4-4-2で入りました。

 

前半

1分、アトレティコは左サイドからのスローイン。パスをつないで左45度からモラタがミドルシュート。しかし枠の左へ外れます。

 

アトレティコが前からプレスをかけて主導権を奪いにいきます。

 

6分、コーナーからの流れで、エルモソが右からクロス。ジュニオールが触りファーサイドのポストにはじかれます。

 

あわやオウンゴールというシーンでした。

 

15分、右サイドからトリッピアーのフリーキック。中央でフェリペが合わせますが枠の上に外れます。

 

19分、左からジョアン・フェリックスがクロス。ラキティッチの頭上を越えてファーサイドでフリーになったエルモソがシュート。テア・シュテーゲンがファインセーブ。

 

24分、テア・シュテーゲンがゴールキックをクイックリスタートで中央のアルトゥールが受けますが、エクトル・エレーラがカット。ジョアン・フェリックスが触り再びエクトル・エレーラが拾ってシュート。枠の右へ外れます。

 

25分、メッシが左サイドの高い位置でボールを奪い、カットイン。ニアへスアレスがDFを引き連れて走り込み右から中央かけてスペースを空けて、そのスペースにメッシがスルーパス。ラキティッチが走り込みスライディングシュートもオブラクが正面でキャッチします。

 

31分、テア・シュテーゲンがラキティッチにスローイング。エクトル・エレーラが素早くプレスをかけてカット。コケ、ジョアン・フェリックスとつなぎシュートまでもっていきますが、ピケがブロック。

 

35分、ラキティッチがスアレスに楔を入れます。スアレスは右中央の後方にポジションを移していたグリーズマンに落とし、中央へ。グリーズマンはスアレスにリターンパス。スアレスはトラップで前を向きすかさず強烈なシュート。枠の左へ外れます。

 

39分、アトレティコの右コーナー。中央でモラタがヘディングシュート。テア・シュテーゲンがファインセーブ。

 

41分、バルサの右コーナー。ピケがヘッドでたたきつけるもリバウンドボールがバーに嫌われて得点には至りません。

 

アトレティコペースの前半でしたが0-0の同点で折り返します。

 

後半

1分、バルサは右から左へとボールを展開し、グリーズマンが左45度でボールを受けて反転シュート。オブラクが正面でキャッチします。

 

10分、エクトル・エレーラが自陣でボールキープからバルサの選手を4人引き付けて前方のコケへパス。コケは左のトーマスに展開。トーマスはすぐさま前方にフィード。モラタが走り込みボールキープし、中へパス。走り込んだトーマスが受けてさらにファーへパスもラングレがブロック。こぼれ球をコレアが拾ってシュートもDFがブロックします。

 

トーマスがシュートを選択していたら危なかった。

 

14分、バルサは右から中央のメッシへパスが入ります。メッシはミドルシュートを放ちますが、オブラクがセーブします。

 

17分、アトレティコのフリーキックをはね返し、バルサのカウンター。右サイドでセルジ・ロベルトがドリブルで持ち上がり、アーリークロス。ファーサイドでスアレスがシュートを放ちますがオブラクがセーブ。

 

18分、右サイドでデ・ヨングとセルジ・ロベルトがパス交換で崩し、デ・ヨングがサイドをえぐってマイナスクロス。メッシが受けてシュートもDFがブロック。

 

徐々にアトレティコの運動量が落ちてオープンな展開になってきます。

 

23分、バルサのカウンター。メッシが中央をドリブルで持ち上がり、チャージを2回受けますが持ちこたえますが、エルモソにカットされます。しかし、こぼれ球をスアレスが拾い右のグリーズマンにパス。グリーズマンはダイレクトボレーシュートも枠の上に外します。

 

26分、トーマスが左へフィード。ビトロが受けてピケと1対1になりゴールライン際まで侵入してクロス。モラタに合わずラングレがクリア。アトレティコはクリアボールを拾い、エクトル・エレーラが左サイドをえぐってクロス。モラタがヒールで合わせますがコースはあまり変わらずセルジ・ロベルトがクリア。右サイドにこぼれたボールをトリッピアーがダイレクトシュート。グリーズマンがブロックします。

 

40分、バルサのカウンター。右サイドでメッシがボールを受けて内側をセルジ・ロベルトがオーバーラップ。メッシはセルジ・ロベルトをおとりに使いカットイン。サウール、コケをいなして中央のスアレスとワン・ツーから小さな振りでコントロールシュート。ファーサイドに決めます。

 

バルサが先制します。

 

後半ロスタイム、アトレティコは猛攻を仕掛けますが実らずタイムアップ。

 

バルサが1-0で勝利しました。

 

気になったプレーヤー

アトレティコ・マドリード

#16エクトル・エレーラ

中盤のバランサー、潰し屋として活躍。

 

#9モラタ

シュートを枠に飛ばしたい。シュートを打とうとする積極性はとてもいい。

 

#23トリッピアー

右サイドからのクロスは鋭く、ベッカムを彷彿させる軌道を魅せた。この武器を得点チャンスに結び付けられれば、アトレティコの得点力不足は解消されそう。

 

#7ジョアン・フェリックス

久しぶりに見たがあまりインパクトを残せず。

 

#1オブラク

派手さはないけど、シュートを打たれた時のポジショニングがとてもいい。ほとんどのシュートを正面で処理する。

 

バルセロナ

#4ラキティッチ

ここにきて2試合連続スタメン。出場すればいい仕事をします。

 

#10メッシ

得点シーンは圧巻。ドルトムント戦からのいい流れを持続しています。

 

#1テア・シュテーゲン

ファインセーブでアトレティコペースの試合を0-0で保つ。

 

総括

アトレティコ・マドリード

試合内容は悲観すべき内容ではないが、得点が奪えないのが痛い。バルサ戦だけでなく得点力不足に陥っているが、トリッピアーのクロスを始め、ショートカウンターなど得点を奪えそうな手段は見てとれる。あとはシュートを枠に飛ばすことと外してもめげないこと。このまま続けていけば得点力不足は解消されそうな気がします。また、新戦力がフィットしていることも好感が持てる。DFラインは、ゴディン、ファンフラン、フェリペ・ルイスなどがごっそり抜けたが、前からプレスがはまるくらいの守備力は維持できている。短期間で戦術を浸透させるシメオネの手腕には脱帽です。

 

バルセロナ

メッシで勝ちました。ブスケツが不在でパスをつなげない状態。こうなると守備を固めてカウンター。もしくは後半相手が疲れてオープンな展開になったところでの打ち合いが勝利への近道か。試合を重ねるごとにバルベルデがどのようなチームを作りたいのかわからなくなってくる。今は勝ち点3を奪うことだけを考えているように感じる。バルサの攻撃的なパスサッカーを期待したいが、レベルの差が大きく開いているか、ブスケツ、アルトゥール、デ・ヨングがそろって起用されるかしか、魅力的なサッカーは見られないかもしれない。リーガでは首位、チャンピオンズリーグはグループリーグ勝ち抜けを決めているが、試合内容は大いに不満が残る。何とかしてほしいのがバルセロニスタとしての心情です。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。