Tagタグ

俺から見たバルセロナ対レバンテ

第22節、バルセロナ対レバンテです。

 

バルサは、コパ・デル・レイの試合をベースに中盤にラキティッチを起用しました。

 

前半

序盤からバルサが押し込みます。双方、前からプレスをかけますが、レバンテはなかなか前では奪えません。

 

3分、バルサの右コーナー。ブスケツがニアでそらしますが、アイトール・フェルナンデスがセーブ。

 

12分、バルサの速攻。左からファティがカットイン。シュートと見せて中央のメッシへパス。メッシはトラップからタイミングをずらしたアウトサイドシュート。枠の右に外れます。

 

16分、右サイドの高い位置でメッシがパスカット。そのままカットインしてシュート。しかし、アイトール・フェルナンデスがセーブします。

 

同じく16分、中盤で後ろ向きにラキティッチがボールカットし、左のアルバへ。アルバは右のグリーズマンへフィード。DFラインを抜け出して角度のないところでアイトール・フェルナンデスと1対1になります。グリーズマンはタイミングをずらしてアウトサイドでシュート。しかし、枠の左に外れます。もしかするとパスだったのかもしれません。

 

20分、バルサの左コーナー。ニアでブスケツがボールを隠すようにスルー。メレロに当たり、あわやオウンゴールというシーンでしたが、枠の右に外れます。

 

バルサは前プレが失敗すると4-5-1で守備ブロックを作り迎え撃ちます。

 

レバンテはボールを奪うと早めに両サイドのDFラインの裏にボールを運びクロスまでもっていきますがシュートまで持ち込めません。ただ、戦い方に迷いがなく、オフサイドになっても気にせずサイドアタックを繰り返します。

 

28分、左中央のグリーズマンが中央のファティにパス。ファティはダイレクトで前方のメッシへパス。メッシはトラップでDFをかわしてシュート。アイトール・フェルナンデスがファインセーブ。

 

29分、バルサの速攻。メッシがセンターサークルでボールを受けて、左サイドから中央に走り出したファティにロングスルーパス。ファティはDFに競り勝ちアイトール・フェルナンデスと1対1。股抜きシュートを決めます。

 

バルサが先制します。

 

31分、バルサの速攻。プレスをかけて不用意な縦パスをピケがカット。そのままダイレクトで右サイドのメッシにパス。メッシはドリブルで持ち上がりカットイン。DFを引き付けて左のファティにパス。ファティはファーストタッチで足元に収め、2タッチ目で縦に持ち出しシュート。またしてもアイトール・フェルナンデスの股を抜きゴール。

 

ファティの連続ゴールで2-0とします。

 

35分、バルサの速攻。メッシがセンターライン右中央でボールを受けて反転。右のセメドにスルーパス。セメドは中に持ち出しながら2人かわして左足のシュート。バーに嫌われます。

 

44分、バルサは自陣中央から左でボールを回し、その間にセメドがオーバーラップ。その動きに合わせてラキティッチがフィード。トーニョ・ガルシアがカバーに入りますが、セメドが先に触ってかわし、抜け出します。セメドはフリーでニアにクロス。グリーズマンがGKの手前で合わせますがキックミス。右へ外します。

 

ビッグチャンスを逃しました。

 

前半はバルサが主導権を握るも、レバンテもサイドアタックから反撃を試みる展開。2-0で折り返します。

 

後半

49分、レバンテを押し込みラキティッチが左のアルバにパス。アルバがニアにクロス。DFに当たり、グリーズマンがヘッドでコントロールからシュート。DFがブロックし、ファーサイドにこぼれたボールをファティが詰めようとしますが、アイトール・フェルナンデスが上手く飛び出しシュートコースを塞ぎます。ファティはボールコントロールし中へクロス。メッシが受けてシュートも力なくDFがクリア。ブスケツが拾ってシュートを放ちますが、枠の上に外れます。

 

52分、ロジェールが左のスペースに流れボールを引き出します。ロジェールは外にトラップし、DFを引き付けてヒールパス。モラーレスが受けてシュート。テア・シュテーゲンがセーブ。こぼれ球をロチーナが詰めますが枠の上に外します。

 

レバンテは絶好機を逃します。徐々にオープンな展開になってきます。

 

54分、バルサのコーナーをはじき返したレバンテがロングカウンター。モラーレスがボールを拾い、前線のロジェールに楔を入れます。ロジェールは右のロチーナに展開。ロチーナはタメを作ってニアに走り込んだモラーレスにアウトサイドパス。モラーレスはダイレクトでニアへクロス。メレロがシュートを放ちますが、テア・シュテーゲンがキャッチします。

 

65分、右サイドでロチーナがニアへループパス。ロジェールが収めてマイナス気味のクロス。エルナーニがシュートもテア・シュテーゲンが上にはじき出します。

 

69分、サイドチェンジを受けたエルナーニがカットイン。ファティをかわして強烈なシュート。枠の左へ外れます。

 

70分、テア・シュテーゲンからのビルドアップで前からのプレスを回避したバルサは中央のメッシへ。メッシはドリブルから右のセルジ・ロベルトにパス。セルジ・ロベルトはメッシにリターン。メッシはロチーナをかわしてシュート。アイトール・フェルナンデスが正面でキャッチします。

 

72分、左のアルバから、中央のラキティッチ、デ・ヨングとつなぎ右のセルジ・ロベルトへ展開。セルジ・ロベルトがキープしている間にデ・ヨングが外を回り、セルジ・ロベルトがパス。デ・ヨングは中央にクロス。ファティがバイシクルシュートを狙いますが枠の左へ外れます。

 

81分、レバンテは右サイドから左のエルナーニへパスが通ります。エルナーニはオーバーラップしたトーニョ・ガルシアへパス。トーニョ・ガルシアはグラウンダーのクロス。バルディが合わせますがテア・シュテーゲンが正面でキャッチ。

 

86分、テア・シュテーゲンが中央で下がってきたアルトゥールにパス。ポスティゴが激しくプレスをかけてボールがバルサゴール方向へこぼれます。ロジェールが拾ってシュートも枠の上に外れます。

 

91分、左コーナーのこぼれ球をロチーナが弾丸ミドルシュート。テア・シュテーゲンが正面で処理しようとしましたが、ヴェーゾに当たりわずかにコースが変わり、テア・シュテーゲンは触りましたがゴール。

 

レバンテが終了間際に1点を返します。

 

しかし、2-1でバルサが勝利しました。

 

気になったプレーヤー

バルセロナ

#10メッシ

2アシストを記録するもパスミスが目立つ。決定機をもたらすパスを狙っているからということもあるが、ファティ、グリーズマンなどとの微調整が必要かな。バルベルデ監督時代には、そこまで連携が深まっていなかったからパスを出さなかったのかもしれない。

 

#31ファティ

2得点と結果を残した。引き続きゴールを決めて波に乗ってほしい。

 

#5ブスケツ

完全復活。監督交代で本来の力を発揮しています。

 

#1テア・シュテーゲン

レバンテの前からプレスを恐れず、しっかりビルドアップ。アルトゥールが奪われてチャンスを作られたが、それ以外は問題なくつないでいく。ペップ時代のビクトル・バルデスを思い出した。

 

#2セメド

スムーズにオーバーラップを仕掛けるシーンが増えた。この調子を維持してほしい。

 

レバンテ

特になし

 

総括

バルセロナ

チャンスは結構作ったが、後半中だるみでオープンな展開になった。過密日程だが、ほとんどローテーションをしないので、後半運動量が落ちることが原因。志向するパスサッカーはできてきているので、あとはローテーションできる選手層の確保(戦術の落とし込みで可能だが、シーズン途中からやるのは至難の業)とコンディション調整が今後のカギを握りそうです。

 

レバンテ

しっかり守って、サイドを崩しに行く戦い方がチームに浸透している。敗れはしたもののチームがしっかりしている。残留争いには巻き込まれないと思うが、ヨーロッパカップ出場権獲得圏内もちょっと難しそうではありますが、今後に期待できそうです。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。