俺から見たセルタ対バルセロナ

第32節、セルタ対バルセロナです。

 

バルサは、ファティとリキ・プッチが先発!!

 

期待が高まります。

 

前半

セルタは5-3-2のカウンター狙い。バルサがボールを持つ展開。

 

5分、右から、メッシのコーナーキック。ニアでピケがヘッド。バーに嫌われます。

 

6分、セルタのカウンター。右サイドでファールを受けるもクイックリスタートで右のスペースへフィード。アスパスが受けて中央のスモロフに絶好のラストパス。スモロフはトラップが流れて時間がかかり、カットインからシュートを放ちますがセメドがブロック。

 

9分、バルサのコーナー。ゴール中央でブランコがクリアしきれずボールがこぼれますが、アイドーが何とかクリア。ビダルが左中央で拾い、中央のリキ・プッチへ。リキ・プッチはミドルシュートを放ちますが力んでしまい枠の左へ外します。

 

19分、ゴール正面左からバルサのフリーキック。セルタはメッシのフリーキック対策でニアサイドとファーサイドのゴールの中にDFを置きます。メッシは直接狙わずファーサイドへクロス。スアレスがヘッドで押し込みバルサが先制します。

 

21分、テア・シュテーゲンがキックミス。中央左でスモロフがカットし、シュート。ピケが何とかブロック。こぼれたボールをセメドが左サイドに蹴り出そうとしますが、弾道が低くブライス・メンデスがカットし前方のアスパスにスルーパス。アスパスは角度のないところからクロスもアルバがブロック。

 

23分、左サイドでスモロフがタメて後方のデニス・スアレスにパス。デニス・スアレスはニアへスルーパス。ブライス・メンデスがダイアゴナルに走り込みシュート。テア・シュテーゲンが触って左ポストに直撃。ゴール前にこぼれたボールをウムティティがあわててクリアするも左中央でバスケスが拾って前方のアスパスへパス。アスパスは角度のないところからニアへシュート。テア・シュテーゲンがセーブします。

 

25分過ぎからリキ・プッチ中心になってパスがつながり始め、バルサが主導権を握ります。

 

35分、右から左へ小気味よくパスを回して左中央でボールを受けたメッシが中央のファティへラストパス。ファティはシュートを放ちますがDFがブロック。

 

39分、メッシが右からボールを追い、ラキティッチと協力してボールカット。ラキティッチがメッシにパスを送り、メッシはカットインからミドルシュート。左上を狙いましたがキックミスして枠を外します。

 

前半はバルサペース。バルサが1-0で折り返します。

 

後半

開始直後からセルタがラインを押し上げ前からプレスを始め、主導権を奪い返しに来ます。

 

49分、ラキティッチからリキ・プッチへの横パスを、ブライス・メンデスが完全に読んでリキ・プッチの手前でカットしアスパスへ。アスパスはバルサのDFの注意を引き中央からウムティティの裏へ走り込んだオカイへ絶妙なスルーパス。オカイはカバーに来たピケを引き付けて股抜きでファーサイドへラストパス。スモロフがフリーで蹴り込みセルタが同点に追いつきます。

 

51分、テア・シュテーゲンが右サイドへ大きなフィード。メッシが走り込み右サイドをえぐってクロス。DFが跳ね返しますがボールは再びメッシのもとへ。メッシはDFと競り合いながらシュートも枠の上に外します。

 

60分、セルタは3人を一気に交代。何となく4-2-3-1(4-4-2?)にも見える布陣に変更します。

 

66分、ラキティッチが中央のスアレスへ楔を入れます。スアレスは潰され、デニス・スアレスがボールを拾いますが、セメドがすぐさまプレスをかけてパスをカット。こぼれ球をメッシが拾って中央のスアレスにパス。スアレスは反転しトゥキックでシュート。ゴール左へ決めます。

 

バルサが2-1と勝ち越します。

 

79分、左サイドにいたノリートは寄ってきたアスパスにパスし、アスパスとスイッチを狙います。アスパスは要望通りヒールでノリートにリターン。中に入り込んだノリートはニアへシュート。テア・シュテーゲンがファインセーブ。

 

87分、ゴール正面左からアスパスのフリーキック。壁の外側を巻いてニアサイドに決めます。

 

セルタが土壇場で同点に追いつきます。勝ち点3のほしいバルサはピケが最前線に上がってパワープレイ。

 

94分、右に開いたアスパスがニアサイドにスルーパス。デニス・スアレスが走り込みウムティティを引き付けてファーサイドへクロス。フリーでノリートが合わせますが、キックが甘くテア・シュテーゲンの正面でセーブ。

 

試合はそのまま終了。2-2の同点でした。

 

気になったプレーヤー

セルタ

#9スモロフ

プレーは全体的に空回り。得点は奪ったが状況判断が悪く、アスパスが「パスをよこせ」と怒る場面も。連携に課題を残します。

 

#10イアゴ・アスパス

セルタの攻撃陣で違いを作り出せる存在。同点に追いつくフリーキックは見事。得点後にユニフォームを脱いでイエローカードとセットになったレッドカードを受ける面白い場面も見られ、主審が苦笑してイエローカードを再提示される。

 

#3ノリート

リーガ特有のルールで、けが人補充でセビージャから加入。背番号3を選ぶ不思議なFWです。アスパス同様、コンディションが整えば、攻撃に違いを作り出せるはず。

 

#6デニス・スアレス

ボール技術は高く、パスセンスもある。守備での貢献ができるようになるとさらにいい選手になれると思う。

 

バルセロナ

#28リキ・プッチ

この試合の前半はバルサの攻撃を牽引。後半は疲れて動きが鈍ったが、再開後のバルサの中盤の選手の中では群を抜く輝きだった。一気にスタメンを奪取しても驚かないぐらいのパフォーマンスでした。

 

#10メッシ

流石に連戦による疲れが見えた。フリーで枠を大きく外すメッシなんて滅多にみない。一方で、守備にも貢献しチームを引っ張る気概も見せた。

 

#9スアレス

セットプレーとFWの嗅覚を感じさせるゴールを奪う。このままゴールを奪い続けてほしい。

 

#31アンス・ファティ

リキ・プッチほどではなかったが、輝きを放つ。ボールが来なくてもフリーランニングを続けることが大事。

 

#8アルトゥール

ユベントス移籍が騒がれる中での途中出場。短い時間ながらも懸命なプレーを見せる。最近パッとしないけど伸びしろは十分にあるから残ってほしいな。

 

#3ピケ

メッシ同様、連戦による疲労が見えた。同点ゴールを奪われたシーンではカバーが少し遅れて、股抜きのパスを出される。コンディションが良ければもう少し何とかなったような気がします。

 

#24ジュニオール

短い出場時間でサイドアタックを仕掛ける。思い切りよくプレーすれば良さが出ます。

 

 

総括

セルタ

前半の5バックで自陣に引いてカウンター狙いは失点1で抑えたが押し込まれてしまいゲームプランとしては良くなかった。後半に前からプレスをかけ始めて主導権を奪い返しにいき、采配通りショートカウンターで同点に追いつき、終了間際には逆転もあり得るチャンスを作った。監督の修正力はすごかったが前半からできたらなお良かった。今後はアスパスとノリートが絡んだ攻撃が頻発すれば得点力が上がりそうです。

 

バルセロナ

レアルが試合を終えていないので確定ではないが、勝ち点を落としたので優勝争いから後退してしまった感じを受ける。ただ、リキ・プッチの急激な成長は好材料。中盤の構成、選手起用の序列も変わってくるぐらいのインパクトでした。一方、交代要員がパッとしない。試合の流れを変える一芸を持った選手が存在しないのが痛い。昔からバルサはパスで相手を崩すことをメインに据えていたが、サイドをえぐるWGがいたり、運動量豊富で前線に飛び出すことが得意なMFがいたりしてバリエーションを増やしていた。現在は、パスでは崩しくれず、中盤に運動量豊富で相手をつぶしてくれる選手を配置して、攻撃はメッシに頼ってきた。今シーズンはこのままいくしかないと思うが、オプションとなる選手がいないと交代で流れを変えるのは難しい。一方、好材料は過密日程の中でもキケ・セティエンの戦術をやろうとする気配が少し見えること。その象徴がメッシ。シーズン再開後、メッシは前線で守備をしていますし、連動して中盤でボールを奪おうとする意識も見えます。まだ、チーム全体の戦術理解は低いけど、来シーズンにつながってほしいです。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。