Tagタグ

俺から見たセビージャ対バルセロナ

第25節、セビージャ対バルセロナです。

 

バルサは3-5-2。メッシ、デンベレが2トップを組み、両WBにアルバとデスト、中央にペドリ、デ・ヨング、ブスケツを配置し、3バックはラングレ、ピケ、ミンゲサで臨みました。

 

前半

セビージャは4-2-3-1の布陣。両チームともに前からプレスをかけていき、パスコースを塞いでいきます。序盤はほぼ互角で中盤の潰し合い。

 

10分過ぎた辺りで、バルサがポゼッションを高め始め、時間の経過と共に主導権を握ります。

 

21分、バルサの速攻。テア・シュテーゲンのスローインを受けたデ・ヨングがペドリとワン・ツーで中央を突破し、右のデンベレにパス。デンベレは抜け出しますが、ディエゴ・カルロスが追いつきます。デンベレは切り返しで中に持ち出し左足でシュート。ボノがキャッチします。

 

28分、バルサの速攻。メッシがハーフウェーライン中央でボールを受けてターン。前方でデンベレがウェーブの動きを入れてDFラインの裏へ走り出します。メッシはそのタイミングを逃さずスルーパス。デンベレが完全に抜け出してボノと1対1になります。デンベレはボノの股間を抜くシュートを決め、バルサが先制します。

 

39分、中央のデ・ヨングが右のデストに展開。デストは中に持ち出しシュート。枠の上に外します。

 

バルサが1-0とリードして折り返します。

 

後半

セビージャは一気に3人交代。フォーメーションもフェルナンドを最終ラインに下げ、エン・ネシリを入れて5-3-2(3-5-2)にシステムを変更します。

 

少しセビージャが流れを押し返します。

 

6分、メッシのロングキープでセビージャの足を止めて、そこからバルサの速攻。メッシがバイタルエリアのデンベレにボールを入れます。デンベレは右のデ・ヨングに展開。デ・ヨングはDFとGKの間に鋭いクロス。アルバが飛び込みますが追いつかず、ファーへ流れていきます。

 

触っていればゴールでした。

 

13分、セビージャを押し込み右からパスをつなぎ、左ハーフスペースのペドリが左のアルバに展開。アルバはマイナス気味のクロス。デンベレがダイレクトシュートを放ちますがエスクデロがブロック。こぼれ球をデストがシュートも右ポストに嫌われます。

 

15分、左サイドでアルバがデンベレに縦パス。デンベレはスルーしてマーカーを置き去りにしてゴールへ向けてドリブル。GKと1対1になりかけますが、クンデ追いつきます。デンベレは切り返しでクンデをかわして中央へパス。メッシが走り込みシュートも枠の上。

 

決定機を逃します。

 

18分、右サイドをスソが突破しクロス。ファーサイドに走り込んだエスクデロがヘッドも枠の上。

 

セビージャはさらに2人交代を行い1トップにしますが、逆に流れを手放します。

 

22分、右からメッシのフリーキック。中央でラングレがヘッドで押し込みますがオフサイド。

 

33分、バルサはコーナーをはね返されますが二次攻撃。右からメッシがクロス。中央のラングレがヘッドも当たらず、ファーサイドのアラウホがつめますが詰め切れません。ただ、ラングレがオフサイドでした。

 

34分、下り出るが右ハーフスペースから縦にスルーパス。走り込んだエン・ネシリがキープ。マークについたアラウホがボールをつつき、ボールはエン・ネシリの手に当たります。バルサの選手は一斉にハンドをアピール。エン・ネシリはターンしてシュート。ニアに決めますがやはりハンドでした。

 

40分、左サイドからメッシが前方のイライクスとワン・ツーで突破。止めに来たフェルナンドをリプレイで確認しないとわからないほどのダブルタッチで鮮やかに抜き去りボノと1対1になります。メッシはチップキックでシュート。ボノが止めますが、はじかれたボールをメッシがかっさらい右足で押し込みます。

 

バルサが試合を決める2点目を奪います。

 

そのまま試合終了。バルサが2-0で勝利しました。

 

気になったプレーヤー

セビージャ

特になし

 

バルセロナ

#10メッシ

前の試合や以前にも書きましたが、メッシの守備の負担をどのようにするかの回答を見せてもらいました。メッシが守備もする。この試合では、メッシが守備をすることで前からのプレスが可能になりました。一方で攻撃力は目に見えて落ちていないので、このプレースタイルを続けられればチーム全体のレベルアップにもつなげられます。ただ、ビッグゲームだけしかやってくれない気もしますが・・・。コパ・デル・レイ準決勝も期待しましょう。

 

#16ペドリ

メッシ、デンベレのプレスに連動してパスコースをつぶす。怪我が心配される。2週間程度の離脱になるらしい。

 

#27イライクス

後半戦のラッキーボーイになりそう。ペドリに代わって起用される。前回の初先発の試合同様思い切りのよいプレート落ち着いたパス回し。ペドリに続く今シーズンの大発見になりそうです。

 

#4アラウホ

怪我から復帰で途中出場も、負傷で途中交代。ただ、ベンチに下がった後、思い切りベンチを蹴飛ばして吹っ飛ばしていたので、痛がって倒れていたら怪我したと勘違いされて交代させられて不満が大爆発したともとらえられなくない。何事もなかったようにコパ・デル・レイ準決勝のメンバーに選ばれてほしい。

 

#11デンベレ

広大なスペースを自由に使えてのびのびとプレーする。バルサで活躍できるようになったけど、元々はバルサのパスサッカー向きの選手ではないのだなと改めて感じてしまった。もちろん、活躍してくれるのはとてもうれしいです。

 

総括

セビージャ

バルサの奇策3-5-2に前からのプレスに修正ができないまま完敗。コパ・デル・レイ準決勝に向けてどのような対策を練ってくるのか楽しみです。

 

バルセロナ

メッシの意識改革を促したクーマンの勝利。ただ1度使ってしまうと対策は練られてしまうわけでオプションの域を出ないかもしれない。メッシのところでも書いたが、メッシが毎試合守備もしっかりやってくれれば3-5-2がベースのフォーメーションになる。メッシが守備をするということは、ほかの選手は守備をさぼることはできない意識が生まれ、前からのプレスの練度もすぐに上がってくるはずです。一方で、メッシが毎試合守備をしっかりやってくれることはないような気がします。今まで守備は免除されていたのに急に意識を変えてできるほど簡単なものではないと思う。コパ・デル・レイ準決勝に向けて、クーマンが次なる一手をどのように打つか、こちらも楽しみです。

 

おまけ

コパ・デル・レイ準決勝は見られないので、ブログは書けません・・・

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。
×