Tagタグ

俺から見たバレンシア対バルセロナ

第34節、バレンシア対バルセロナです。

 

バルサはラングレ、ペドリがスタメンに戻り、ミンゲサはイエロー累積を考慮されてかベンチスタートでした。

 

前半

バレンシアは5-3-1-1。ゲデスがトップ下でマキシ・ゴメスがトップに入ります。基本的に守備ブロックを引いてバルサの攻撃を抑え、カウンター狙いです。

 

2分、バルサが流れるようなコンビネーションを魅せます。ラングレが左ハーフスペースのメッシにパス。メッシはダイレクトで左前方のペドリにパス。ペドリもダイレクトで中のグリーズマンへパス。グリーズマンはルーレットターンで前を向き右ハーフスペースに走り込んだデ・ヨングにスルーパス。ガブリエウ・パウリスタが慌ててデ・ヨングに寄せます。デ・ヨングは落ち着いて中央のペドリにパス。ペドリは足元にボールを入れてしまいますが、そのままダイレクトシュート。枠の右に外れます。

 

入っていたらゴラッソ。入っていなくても一見の価値ありです。

 

バルサが主導権を握りに行きます。

 

11分、左からメッシのフリーキック。ゴール前に入れたボールにファーサイドから走り込んだアラウホが合わせますがシレッセンが体を張ってファインセーブ。

 

バルサがバレンシアを押し込みますが、バレンシアもゲデスがボールを受けて前を向けると強引なドリブルで持ち上がってチャンスを作り始めます。

 

19分、ゲデスが自陣で、ピケアラウホを相手にボールキープし何とかターンして持ち上がり、左のガヤにスルーパス。ガヤはトラップからシュートもクリーンヒットせず枠の右へ外します。

 

22分、ペドリがバレンシアのペナルティエリア内でソレールに後ろから蹴られますが、ファールなし。リプレイは流れましたが、VARの介入もありませんでした。蹴られた直後にパスを出したから見逃されたのかな。

 

25分、ガヤが左サイドをえぐってマイナスのクロス。走り込んだラチッチがミドルシュートも当たり損ね、テア・シュテーゲンがキャッチします。

 

39分、バレンシアを押し込み、左サイドをアルバがえぐってクロス。ニアでグリーズマンがつぶれて抜けたボールをペドリが押し込もうとしますが当たらず。触っていれば1点でした。

 

前半は0-0、バルサがチャンスを作りながらも決められない展開でした。

 

後半

3分、自陣右サイドでゲデスが右ハーフスペースのソレールにボールを落とし、バレンシアのロングカウンター。ソレールがそのままドリブルで持ち上がり、その間にゲデスが右から中央にダイアゴナルラン。ソレールはその動きに合わせてスルーパス。追いかけたピケがスライディングでクリアに行きますがゲデスがかわして角度のないところからテア・シュテーゲンと1対1になります。ゲデスはアウトサイドでシュート。テア・シュテーゲンがファインセーブ。

 

直後のコーナーキック。テア・シュテーゲンの前でペドリとティエリがポジション争い。キック直後にテア・シュテーゲンが飛び出そうとしますが、ペドリと交錯し転倒。ファーサイドでラングレのマークを外したガブリエウ・パウリスタが押し込みバレンシアガ先制します。

 

6分、左のゲデスがボールを受けて右のティエリにスルーパス。ティエリはスライディングシュートも枠を大きく外します。

 

10分、ゴール正面からメッシがループパス。走り込んだデ・ヨングの手前でラトがヘッドでクリアしよう当たらず、抜けたそうになったボールを手ではたきます。もちろんバルサがP.K.獲得。メッシが左に蹴りますがシレッセンが読み切りファインセーブ。横にこぼれたボールにブスケツがいち早く追いつき中に戻しますがDFがブロック。その場でバウンドしたボールをペドリがボレーシュート。ガブリエウ・パウリスタがブロックするも、またしてもその場でボールはバウンドし、メッシが蹴り込みます。

 

バルサが同点に追いつきます。

 

17分、ラトが怪我でピッチを離れ10人のバレンシアに対し、アルバが左からアーリークロス。走り込んだデ・ヨングがヘッド。シレッセンがファインセーブ。こぼれ球をグリーズマンが蹴り込みバルサが逆転に成功します。

 

23分、ゴール正面右からメッシのフリーキック。完璧なコントロールシュートは右ポストの内側に当たり、左サイドネットに吸い込まれます。

 

バルサが3-1とリードを広げます。バルサは2点のリードもあり、余裕をもって時間を進め始めます。

 

36分、アルバが左からニアのデ・ヨングにパス。デ・ヨングはフリックし、浮いたボールがディアカビの手に当たりますがファールはとられません。よけられないと判断されたのかな。

 

37分、バレンシアは高い位置でボールを奪い、左ハーフスペースでボールを受けたソレールが強烈な無回転ミドルシュート。ニアの上に突き刺します。

 

バレンシアが1点を返します。

 

バレンシアは勢いづきますが、その後スコアは動かず、3-2でバルサが勝利しました。

 

気になったプレーヤー

バレンシア

#7ゲデス

相変わらず縦への推進力はすごい。ただ、後半は疲労の影響で消えてしまった。

 

#8ソレール

強烈ミドルにドリブルでの持ち上がりとバレンシアの少ないチャンスに絡む。

 

#13シレッセン

メッシのP.K.ストップはバルサ時代の経験が活きた感じ。完全に読み切っていました。3失点はしたもののファインセーブもあり、シレッセンでなければ大量失点もあり得た。

 

バルセロナ

#10メッシ

連戦の影響かちょっと調子が落ちてきた気もする。ミッドウィークに試合はないので次節のアトレティコ戦までしっかり休んでコンディションを上げてほしい。

 

#7グリーズマン

こちらは好調を維持。得点はもちろん周囲との連携もいい。

 

#16ペドリ

ビッグチャンスが2つあったが決めきれず。組み立てでの貢献は高いので、あとはチャンスを決める力が備われば言うことなし。まだ18歳。伸びしろは無限大です。

 

#21デ・ヨング

最近ゴール前の飛び出しがスムーズになってきた。周囲との連携が深まってきた証拠。ことらも得点力が備われば言うことなしです。

 

総括

バレンシア

バルセロナ対グラナダの試合を参考にして、5バックで5レーンを埋めて拮抗した試合展開に持ち込む。先制点までは良かったが、ラトのハンドと負傷でピッチを離れたのが痛かった。グラナダと違いゲデスやソレールなど、個の力で局面を打開できる選手がいるので、守備から攻撃のパターンをしっかり作りたい。もう少し順位が上でもいい気がする。

 

バルセロナ

先制点を奪われてヒヤリとしたが逆転勝ち。イエローカードの累積で出場停止にリーチがかかっていたメッシ、グリーズマン、デ・ヨングもイエローカードをもらわずに勝利。結果としてはとても良かった。チャンスにしっかりと得点を奪えることが課題だが、チャンスを作ることができていると考えれば、そこまでの問題ではない。しっかりとコンディションを整えてアトレティコ戦に臨みたい。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。
×