打席の立ち方

先日書いた通り小中高で練習試合含めて(そもそも公式戦には一度も出てない)通算安打が1本な自分だけど、打てない原因を「下手くそだから」で片付けては先に進めないので、色々当時を思い出して見た。

 

1番の原因が、これも大雑把な理由だが「緊張し過ぎ」だったと思う。

 

中学時代は極端で、自分ではそのつもりは全く無いのだけど、足の先まで関節が伸びきってしまう棒人間状態で、チームメイトが茶化して真似するほどだった。

 

草野球でも緊張して打てない時期があるので、メンタルトレーニングの本も色々読み漁った。

 

色々参考になるものが多かったけど、最近1番影響を受けているのが、野球の技術書では無く合気道の本だ。

 

とは言っても合気道に行き着いたのは野球がきっかけだった。

 

かつて毎日オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に、榎本喜八と言う打者がいたのをご存知の方はいらっしゃるだろうか。

 

通算安打は2000本安打を達成していて、1000本安打到達はイチロー選手よりも速く、現在も日本記録だ。

 

当時はONの全盛期で野球ファンでも若い方にはあまり名前が知られていないが、稲尾投手や杉浦投手など、当時のレジェンド級の投手たちから「スターは長嶋、天才は榎本」と言われるほどで、プルヒッターだったのでシフトが敷きやすかったことでなんとか打ち取るのがやっとで、榎本選手が打つ打球のほとんどは芯を捉え打ち取られても強烈なスピンがかかる打球が多く、マスクを被っていた野村克也さんもON以上に怖かったと言うほどだった。

 

元々高卒で新人王取るほど天才だった榎本さんが伸び悩んでたところ覚醒したきっかけが、王さんを育てたことで知られる荒川コーチから合気道の達人を紹介されその方から色々教わったからだが、榎本さんが教わったことすべてを私の言葉で説明するとうまく伝わらないので、私が1番影響を受けたことを端的に言うと、打席での立ち方、構え方だった。

 

打席に立つと、特にピッチャーの球が速いと速く強くバットを振ることに捉われがちだけど、速く振ろうとすると構えが力んで凡退する経験がある方が殆どだと思う。

 

合気道では呼吸が乱れない立ち方刀の構え方を重視していて、これをすることで打席でも緊張しないと言う理屈だった。

 

逆に言えば、「緊張するから力が入る」こともあるが、「力が入るフォームだから緊張する」こともあると言うことだ。

 

野球の技術書読むのが趣味の方なら、「4スタンス理論」で有名な廣戸聡一先生をご存知かもしれないが、廣戸先生も打席での立ち方を重視しており、人それぞれ自分に合った立ち方ができれば、緊張せずバットもスムーズに振れて、ボールがよく見えることで一瞬の選球眼が冴えると言うことで、これを「ひらめき」と呼んでいた。

 

野村克也さんが監督時代、あの大打者田淵幸一さんが鏡の前でバットを振らずじっとバットを構えたところから動かないのを見て声をかけたら「構えがハマると打てるんです」と返され、「天才の言うことはよく分からん」と思っていたが、いい構えが見つかったと言ってその日は本当にホームランを打ったそう。

 

打てない要因も疲労やフォームの乱れとか色々あるが、強く振ろうとせず緊張しない構えができてる時ほど体が重くてもいい打球が打てている。

 

バットの音を追求するのも大事だけど、その前段階の構えも大事なのだと思う。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。