バットを振らない勇気

打席で一球も振らないで見逃し三振で帰ってくると、「なんで振ろうとしないんだ!」と言われた経験のある方は多いだろう。

 

追い込まれてわざわざストライクと分かってて見逃し三振する選手はいないのだから、ストライクゾーンを教えたり、ボールの見方など、ストライクボールを見極める術を指導した方がよっぽど価値的だと思う。

 

ボール球に手を出せば怒鳴られ、ストライクを見逃せば罵られでは選手も心が乱れる。

 

ピッチャー(バッテリー)だってストライクゾーンをあやふやにするために配球を駆使するのだから、あくまで気持ちよりも結果論であることも多いはずだ。

 

前にも少し触れたが、構え方や顔の角度が自分に合ったものであれば遠近感が良くなると言う研究結果も出ている。

 

メンタルを鍛えるのも大事だが、何かにつけて心に原因を求める前に、方法論から入ってみて、あくまで気持ちは他に方法がなかった場合最後に来るものだと思う。

 

もちろん選球眼に限った話では無いけど。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。