世法

相撲の話題が盛り上がってるけど、貴乃花をやたら持ち上げる風潮に違和感がある。

 

現役時代は1番好きな力士だったし(と言うか物心付いた時以降の中で今でも1番)、弟子を守りたい、日馬富士から然るべき謝罪や賠償を受けたい、相撲界に品格を取り戻したいと言う気持ちは凄い理解できるし当然の権利だと思います。

 

でも居留守だったり欠席届や診断書を提出しないと言う行為が擁護される理由だけがどうしても理解できない。

 

巡業部長と言う立場で巡業中に起こった事件なのだから、いくら上司が腐ってようが上に対して報告義務があるのは社会では常識だし、先に警察に正直に話してるならもみ消しの心配も無いのだから理由にならない。

 

貴ノ岩の欠席理由の診断書なんて、お給料頂いてる立場なのだから正当な理由を証明するために提出する義務があるはず。

「風邪っぽいけど店長ムカつくしめんど臭いから連絡しないでバックれちゃえ」と言う躾がなってない学生さんとやってることが変わらない。

 

貴乃花親方自身事件に関して記者からのインタビューのなかで横綱や力士の品格として「正々堂々と」と言ってたけど、「引退しても横綱」と言う言葉がある中で、今もお給料を頂いてる立場なのに社会人としての常識を守らないでこれが正々堂々となのかと言うと違和感がある。

 

踏ん反り返ってる理事会とかのお偉方に物を申す姿勢や相撲界を良くしたいと言う気概には賛同するし応援したいけど、私が相撲に関してはミーハーだからかも知れないけど相撲界での「品格」って何なんだろうと思うし、その辺りの問題が白鵬のかち上げが根本原因みたいにすり替わってる気がする。

 

後々貴乃花の献身的行動で相撲界に改革の動きが起こると言う期待はしたいけど、トップに据えるのは正直怖いと思う。

 

「相撲は仕事じゃ無い」って言われればそれまでなのかも知れないけど、どんな理由があって理不尽に思ったり関わる人に憤りを感じることがあっても、犯罪に加担することでなければ社会常識は守るべきだと思う。

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。