腰サポーター実地検証

休日なのでバッティングセンターへ行きました。

 

キャッチボールに引き続き腰のサポーターの効果を確かめる目的です。

 

実は先週先々週も行ったのですが、立ってるのも疲れるくらい軸がブレブレでバットに振り回され、1ゲーム20球なのですが、10球中4球打てたと思ったら疲れてきて力が入らず残りの10球は散々で、ヘロヘロで4ゲームもできない言うストレスが溜まる内容でした。

 

今日はサポーター付けて打席に立つと、素振りの時と同じようにすっと重心がぶれずに立て、ボールに力負けせず打てました。

 

打っていくうちに打ててた時の感覚が戻ってきて、疲れて打てなくなるどころか4ゲーム目でピークに達してボカスカとライナーを打てました。

 

前回の職場の理学療法士さんのお話ですが、野球肩関連の本を読んだ方は「0ポジション」と言う肩関節が緊張しないニュートラルポジションがあるのをご存知かもしれませんが、腰回りと言うか骨盤・股関節にも0ポジションがあり、腰のサポーターやコルセットで腰痛が無くなったり軽減されて力が入るのは、サポーターで腹圧をかけて骨盤の形を0ポジションに限りなく近く調整することで安定するからとのことでした。

 

実際野球だけでは無く仕事でも重い荷物を軽々持てる感覚が戻って来ました。

 

週明けは試合なので、今日取り戻した感覚で試合に臨みたいです。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。