チームのために何に集中するか

メンタルトレーニングの本を継続して読んでますが、当たり前なようでついつい忘れがちなことを教えてくれます。

 

今は投手編を読んでるのですが、ある大リーガーのコメントで、「私たちは打者に投げているのではなくキャッチャーに投げていることを意識しなければならない」というコメントが焼きつきました。

 

投手は打者を討ち取ることが目的ですが、強打者を意識してヒットを打たれたくないと思うあまり、剛速球をミットへと思い過ぎて力んでパフォーマンスが発揮できない選手がプロでも多いそう。

 

剛速球やキレッキレの変化球を力一杯投げるだけじゃなく、どんなに遅い球でも厳しい所を突いたりタイミングや読みを外せば打ち取る確率は高いし、試合を通じて安定して投げれます。

 

野球をやってきた人からしたら上述のことは至極当たり前なのですが、ピッチャーは大なり小なり力勝負をしたくなる生き物。

 

でもチームのことを考えたら、集中するべき相手は打者よりも、捕手が構えたキャッチャーミットなのだと感じました。

 

もちろんただサイン通りに投げろと言うことではなく、捕手と状況や起こりうることを踏まえたプランを立てた上で構えられたミットのことです。

 

「何に勝つか」よりも「何に集中するか」が大事なのだなと実感しました。

 

次回以降で打者編も書きたいと思います。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。