不吉な予感

監督さんから新年のご挨拶のメール。

 

ここまではいつも通りなのですが、続いた内容が、なんでも昨年の終盤の不戦敗からチーム内で来季の存続への危機感があること、それが我がチームに限った話じゃ無い他チームでも起こっておりリーグ開催を踏まえて監督同士の話し合いが行われると言う旨のお話でした。

 

所属3年目でせっかく楽しくなってきた所だったので衝撃でした。

 

開催も危ういから新メンバー声かけは監督会議後で良いと言うことだったのでよほど深刻なんだなと感じました。

 

リーグ自体が来期が50周年の節目なので楽しみにしていたのですが、なんとかリーグのお力になれないか、監督さんともお話し合いしたいと思います。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。