何キロまでなら良いのか

某名門校が罰走をさせて監督解任要求が出てると言う記事を見ました。

 

ある程度緊張感持たせるためにゲーム感覚でペナルティを設けるのはスポーツメンタルの世界でも奨励されていますが、問題の監督は球場から学校までの30キロの道のりを走らせたり、2000本の素振りを課してたそう。

 

練習でも競技でも何キロまでなら走っても大丈夫などの運動の限界の具体的な数字は出ていませんが、少なくとも「負荷の限界点は個体差はあれ存在して、それを超えると効果がないどころか心身の機能の低下を招く限界点は存在する」と言うのがほぼ確実視されているとのこと。

 

限界を超えるのは大事だけど、「適切な限界点」があると言うことだと僕は解釈してます。

 

我慢や努力や忍耐は大事ですが、ふるいにかけるのでは無く皆で強くなる時代、もっと科学的なトレーニング論や指導論が広まって欲しいものです。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。