蹴り始めで少し復帰

みなさまこんにちは!

 

膝内側側副靭帯損傷から約50日、

 

軽く復帰しました。

 

走るのは大丈夫ですが

 

左足でキックするとまだまだ違和感や

 

痛みがあります。

 

正月中はけっこう色々な角度で伸ばしたりしてたのですが

 

まだカチカチのほぐされていない所があるようです。

 

ゴレイロで怪我をして

 

軽くゴレイロで復帰したのですが

 

無意識に左足をかばい、右足だけで動いている感じです。

 

遠慮してくれたのか

 

盟友のチームはゴラッソする事ができませんでした。

 

 

結果無失点ですが

 

皆のプレーを見ていると

 

まだまだ本格復帰は無理だろうな~と思いました。

 

来週からはフィールドで出て

 

ならしていこうと思います。

 

 

いやー昨日のU-23AFCはアゴが外れましたね・・・

 

見てて弱いと大きく感じ

 

1トップがまったく機能せず

 

ありきたりなバックパスを狙われていましたね。

 

わかりきっていたのにやってしまいました。

 

やはりそういった修正ができない

 

何がなんでも自分のやりたいサッカーをやるのは

 

もう通用しないということですね・・・

 

古来より同じ戦闘では破れます・・・

 

武田の騎馬、

公孫(王賛)(こうそんさん)の白馬義従、

黄巾党の天地人の三位一体攻撃、

ハンニバルの翼包囲など

 

上記の例は戦なので終わりを意味しますが

 

ぬるい環境なのか

 

責任感がないのか

 

何度同じ敗北をしても

 

学習をせず、よくわからない人ですね~

 

確かに何をしても辞任しない者が

 

この国にはいますが

 

サッカーの監督までもこうでは

 

どうかな~と思います。

 

あの乱世のニート諸葛亮孔明ですら

 

泣いて馬謖を斬ったというのに・・・

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。