今季7度目のマドリード・ダービーはスコアレスドロー、欧州CL。


サッカー欧州チャンピオンズリーグ2014-15(UEFA Champions League 2014-15)は14日、準々決勝の第1戦が行われ、アトレティコ・マドリードとレアル・マドリードは0-0で引き分けた。

アトレティコの本拠地ビセンテ・カルデロン・スタジアムで行われた激しい試合はスコアレスドローに終わり、決着は次週の第2戦に持ち越された。

より大きな好機を作ったのはアウェーのレアルの方で、特に前半はかなり惜しい場面があったが、アトレティコはGKヤン・オブラクが好セーブを連発し、無失点でしのいだ。

後半に入ると試合は激しさを増し、レアルのダニエル・カルバハルがマリオ・マンジュキッチにペナルティーエリア内で手を出したが、処分はなかった。

レアルはカルデロンで今季4度目の無得点に終わり、対するアトレティコは今季のマドリード・ダービー無敗を7試合に伸ばした。8度目のダービーは22日にレアルの本拠地サンチャゴ・ベルナベウで行われる。

オブラクは国営テレビシオン・エスパニョーラ(Television Espanola)に対し、「もちろん、いつだって点を決めて勝ちたいけれど、大切なことはアウェーゴールを許さなかったことだ」と語った。

「(どちらが有利かは)分からない。レアルは素晴らしい選手がたくさんいる偉大なチームで、第2戦がどうなるかはやってみないことには分からない」

一方、レアルのカルロ・アンチェロッティ監督は、前半のうちに試合を決められなかったことを悔やんだ。

「前半は0-0以上のものに値するプレーをしたと思う。前半の内容は素晴らしかったということを強調したい」

「後半はアトレティコも盛り返し、前半よりも拮抗した試合になった。最高の結果とは言えないが、第2戦に向けて自信を持っている。特に前半はあれだけの内容を披露できたのだからね。」




Commentコメント

報告するとLaBOLA事務局に通知されます。全ての報告に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に報告しました。