Scheduleアーカイブ

アルヘンチーナ対ボリビア/2022コッパ予選

 

ボリビアのラパス

精鋭軍団のセレステ・イ・ブランコ(アルゼンチン代表の愛称)にとっては、敵地でのボリビア戦はまさに鬼門だ。過去10度の対戦で勝ったのは3度だけで、最後に勝ったのは、ホセ・ペケルマン体制の2005年3月の対戦で、実に8政権も前のことである。本拠地での対戦であれば、10戦負けなしのアルゼンチンは、なぜ敵地でのボリビア戦に苦戦しているのか。その主因は立地条件にある。

 

ラパスと言えば到着してしばらくすると頭痛がしてきたしかも街は坂道だらけ

歩くのも大変だった。こんなところに住めるかという感じでした

富士山山頂には2回たどり着いたがそこでサッカーをしょうなんて思わない

まさにアルゼンチン代表がラパスで勝てない理由は昔から捨てゲームでもいいだろうという感がありました。

 

どちらにしても南米予選の厳しさはアジアの比ではないという事だけは確かですね

予選の試合のある日は学校でも試合を生徒に見せなければ暴動ですよ

サッカーに対する情熱も半端ないのが南米ですね

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。