「真夏の球宴」都市対抗野球3日目を終わって

おはようございます。

三連休も最終日、昨日は「あかつきの湯」のサウナでさっぱりしてきた山田です。

 

昨日沖縄で甲子園代表校が決定しました。

2年振り11回目の興南高校です。

 

監督は勿論あの我喜屋監督。

「魂知和」精神を浸透させて今や沖縄の高校野のリーダー的存在になってきました。

興南高校といえばマイク仲田をすぐ思い出します。

 

第88回都市対抗は早くも今日は4日目です。

今やまさにアマチュア野球ファンには最高の時期ではないでしょうか?

 

初日は

トヨタ(豊田市)VS九州三菱自動車(福岡市)の戦い。

九州三菱自動車惜しかった。

谷川投手が力投したが延長12回タイブレークの末、豊田市の1番藤岡の満塁本塁打で大金星を逃した。

それにしても谷川の男気ある投球内容はお見事であった。

 

 

 

2日目

第一試合

パナソニック(門真市)VS三菱自動車岡崎(岡崎市)の戦い。

東海第一代表の岡崎市優位と見たが、門真市の吉川投手が好投岡崎打線から14奪三振を奪い岡崎市の追い上げたが後1点足りなかった。

 

 

 

第二試合

ホンダ鈴鹿(鈴鹿市)VSきらやか銀行(山形市)の戦い。

山形市の小島の投球を注目していたが序盤は2対0で山形市リード、しかし5回、6回鈴鹿市も小島を攻め、逆転その後平尾→抑え鹿沼で鈴鹿市が逃げ切った。

余談であるが鈴鹿市は畔上(日大三高)が先発出場していた。

 

 

第三試合は

東京ガス(東京都)VS西部ガス(福岡市)の戦い。

選手層の厚さから言って東京都が圧倒的優位。

やはり予想通り序盤から東京都が主導権を握り7対4で快勝した。

余談ではあるが西部ガスのコーチにはあの駒大苫小牧の甲子園連覇した時の香田監督がいる。

 

 

3日目

第一試合

ホンダ熊本(大津町)VS新日本製紙石巻(石巻市)の戦い。

石巻市優位と見たが、結果は熊本市の荒西投手が石巻打線を6安打、2四球で今大会完封1番乗りで勝利した。

 

 

 

第二試合

ホンダ(狭山市)VSJR四国(高松市)

狭山市が圧倒的優位と予想の中、やはり序盤からホンダ打線爆発。

14安打10点で1回コールドで高松市を圧倒した。

余談であるがこの試合狭山市先発福島投手(大阪桐蔭)は甲子園での優勝投手である。

以前築川投手(東海大相模)もいたが築川も同じく甲子園優勝投手である。

 

 

 

 第三試合

JR東日本(東京都)VS伏木海運(高岡市)の対決

これも第二試合と同様に東京都が選手層の厚さからいい圧倒的優位。

また社会人左腕NO1のエース田嶋の先発。それにしても東京都の選手はスター選手が多い。

丸子(広陵)、吉永(日大三)、坂東(鳴門)、山口(履正社)凄い選手が勢ぞろいである。

東京都田嶋が1安打7奪三振で見事3対0と完封した。

 

 

本日4日目は

日本生命(大阪市)VS三菱日立パワーシステムズ(横浜市)

NTT西日本(大阪市)VSJR西日本(広島市)

NTT東日本 (東京都)VS 三菱重工神戸・高砂(神戸市・高砂市)

である。

本日はどれもこれも好カード目白押しで目白で押されて高田馬場迄行きそうなくらいである。

 

今日は高校野球はひたちなか市民球場で

明秀日立 VS科学日立

石岡一高 VS佐和高校の好ゲームも用意されている。

 

さあどうしようか?な迷う!

 

 

 

                                             以上です。

 

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。