審判やりたい!

と、うちの子にも言ってほしいけど

いまいちやりたがってる感じはないんだけど。

 

結局サッカーって(サッカーにかかわらず、か)

選手がうまくなりゃそれですべてがうまくいくわけじゃない。

今は選手が海外に挑戦してる。

最初は珍しかったのが、今では草の根レベルで

海外でのサッカーってのが選手の中では

浸透してきた。

 

今のところ指導者のほうが出遅れてて

海外に指導者として出ていく人は

まだ珍しい。

 

そして審判。

このコロナ禍の中、再開にあたって

J1J2J3を一斉に再開しようとしても

審判が足りないのでは?という話を見聞きし

審判の質と量もサッカー界の進化には欠かせないのだと

認識させられた。

 

指導者にはいいサッカー選手を育てることだけではなく

いい審判を育てるということも念頭に入れてほしいものだ。

審判のジャッジに文句を言うだけの指導者のもとでは

審判にあこがれる人物は育たない。

 

ということをどうも以前にも書いた気がする(苦笑)

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。