Scheduleアーカイブ

Tagタグ

☆夏は終わらない2020 高校野球独自大会より~第1回夏の全国大会予選参加校同士の対決・洛北高校 VS 山城高校~

先攻の洛北高校は京都府京都市左京区に所在し、1870年(明治3年)に京都府中学校として創立された日本最古の旧制中学校を前身とする歴史を誇る。

野球部は1896年(明治29年)に創部され、京都府内では同志社に次ぐ歴史を有する。
甲子園には、1917年(大正6年)の第3回夏の全国大会に春夏通じて1度だけ出場しており、甲子園から100年以上遠ざかっている。甲子園通算成績は1勝1敗である。
夏の全国大会予選には、1915年(大正4年)の記念すべき第1回大会予選(京津大会)に、京都府勢としては京都二中(鳥羽)、京都一商(西京)、同志社中(同志社)、京都府五中(山城)、立命館中(立命館)、京都美工(日吉ヶ丘)、京都師範とともに初参加した。結果は、京都二中に不戦敗であった。
夏の予選初勝利は、翌年の第2回大会予選で、京都染織に 14 - 1 で勝利した。
夏の予選通算成績は117勝102敗3分である。

 

洛北高校といえば、夏の予選に一度だけ不参加(第31回大会予選)の予選準皆勤校である。また、全国大会に出場したが甲子園で試合をしていない高校である。

 

 

 

 

後攻の山城高校は京都府京都市北区に所在し、1907年(明治40年)に京都府立第五中学校として創立され、京都府立の旧制中学では一中(洛北)、二中(鳥羽)、三中(福知山)、四中(宮津)に次ぐ歴史を有する。
野球部は1915年(大正4年)に創部され、京都府内では(創部が不明確な高校を除く)、同志社、洛北、鳥羽、福知山、大谷、宮津、東山、龍谷大平安、西京に次いで、立命館と並ぶ歴史を有する。
甲子園には、春1回、夏3回出場、甲子園通算成績は0勝4敗である。
夏の全国大会予選には、1915年(大正4年)の記念すべき第1回大会予選(京津大会)に、京都府勢としては京都二中(鳥羽)、京都一中(洛北)、京都一商(西京)、同志社中(同志社)、立命館中(立命館)、京都美工(日吉ヶ丘)、京都師範とともに初参加した。結果は、初戦で坂本中(比叡山)に 22 - 13 で勝利し、予選初勝利を挙げた。続く試合は、滋賀師範に 11 - 2 で勝利し準決勝へ進出。準決勝では同志社に 0 - 11 と大敗を喫した。
夏の予選通算成績は 127勝99敗1分である。

 

山城高校といえば、夏の予選に一度も欠かすことなく参加し続けている予選皆勤校である。

 

 

 

 

 

以上です。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。