Scheduleアーカイブ

Tagタグ

☆夏は終わらない2020 高校野球独自大会より~3元号での甲子園出場校・一関一高~

 

 

上から読んでも一関一、下から読んでも一関一の、一関一高は岩手県一関市に所在し、1898年(明治31年)に岩手県一関尋常中学校として創立された歴史を有し、岩手県内有数の進学校である。


野球部は1901年(明治34年)に創部され、岩手県内では盛岡一高に次いで、福岡高校と並ぶ歴史を有する。
甲子園には、春2回、夏4回出場、通算成績は1勝5敗である。甲子園春夏通算出場回数が6回で優勝経験がないのに5敗であるのは、米騒動で中止となった第4回夏の全国大会に出場が決まっていたためだ。甲子園に初めて出場したのは、1916年(大正5年)の第2回夏の全国大会で、岩手県勢としても初の甲子園出場であった。この大会の初戦で、京都二中を相手に甲子園における史上初めてのスクイズを成功させ初勝利も挙げた。
夏の全国大会予選には、1916年(大正5年)の第2回大会予選(東北大会)に岩手県勢としては盛岡一高とともに初参加した。結果は、会津中(会津)に 14 - 4 、仙台二中(仙台二高)に 12 - 2 、盛岡中(盛岡一高)に 4 - 1 で勝利し全国大会初出場を決めた。夏の予選通算成績は139勝99敗である。

 

一関一高といえば、大正、昭和、平成の3つの時代で甲子園出場という輝かしい戦績を残している。また、第2回夏の全国大会予選から現在まで連続して予選に参加し続けている予選準皆勤校である。

伝統ある一関一高の甲子園復活に期待したい。

 

 

 

 

以上です。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。