Scheduleアーカイブ

Tagタグ

☆夏は終わらない2020 高校野球独自大会より~4元号で甲子園出場・静岡高校~

 

 

静岡県で最初に野球部が創部されたのは浜松中(浜松北)で、明治29年といわれている。半年後には静岡中(静岡)でも創部され、明治30年には両校で対抗試合が行われた。その後、韮山中(韮山)、掛川中(掛川西)、沼津中(沼津東)、中泉農業(磐田農)、榛原中(榛原)などでも対抗試合が行われるようになった。
大正4年の第1回全国中等学校優勝野球大会東海予選は、東海五県連合野球大会(リーグ戦)が予選となった。しかし、静岡県勢は1校も参加しなかった。
静岡県勢が初めて予選参加したのは、大正5年の第2回全国大会東海予選で、浜松中のみが参加した。
大正12年からは東海予選を抜け、神奈川県との神静予選を開催することとなった。
そして、大正13年、静岡中が静岡県勢として初めて全国大会に出場し、静岡県の高校野球史に輝かしい一頁を刻んだ。

 

 

静岡高校は静岡県静岡市葵区に所在し、1878年(明治11年)に静岡師範学校中等科として創立された歴史を有する静岡県内屈指の進学校である。
野球部は1896年(明治29年)に創部された歴史を有する。
甲子園には、春17回、夏25回出場し、夏1回の優勝を誇る。甲子園通算成績は33勝41敗である。
夏の全国大会予選には、1918年(大正7年)の第4回大会予選(東海大会・リーグ戦)に、静岡県勢としては浜松北に次いで初参加した。結果は、岐阜師範に 7 - 9 、愛知一中(旭丘)に 0 - 17 で敗れ、リーグ戦0勝2敗の成績で終えた。
夏の予選初勝利は、1921年(大正10年)の第7回大会予選(東海大会)で、岐阜師範に 6 - 2 で勝利した。
夏の予選通算成績は340勝78敗3分である。

 

静岡高校といえば、大正、昭和、平成、令和の4つの時代で甲子園出場という輝かしい戦績を残している。

伝統ある静岡高校、次は4つの時代での甲子園勝利に期待したい。

 

 

 

 

 

以上です。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。