Scheduleアーカイブ

Tagタグ

☆4つの元号で甲子園勝利なるか? ~広陵高校・広島商業~

大正~昭和~平成と3つの時代で甲子園(豊中、鳴尾、山本などの球場を含む)に出場した輝かしい歴史を有する高校は以下の34校である。

 

北海(北海道)

八戸(青森)

秋田(秋田)

秋田商(秋田)

一関一(岩手)

竜ヶ崎一(茨城)

宇都宮商(栃木)

前橋(群馬)

早稲田実(東京)

慶應義塾(東京→神奈川)

横浜商(神奈川)

静岡(静岡)

松商学園(長野)

長野商(長野)

敦賀(福井)

鳥羽(京都)

東山(京都)

市岡(大阪)

大体大浪商(大阪)

関西学院(兵庫)

桐蔭(和歌山)

広島商(広島)

広陵(広島)

鳥取西(鳥取)

米子東(鳥取)

大社(島根)

松江北(島根)

豊浦(山口)

山口鴻城(山口)

高松(香川)

高松商(香川)

今治西(愛媛)

松山商(愛媛)

長崎商(長崎)

 

元号が変わり、大正~昭和~平成~令和と4つの時代で甲子園出場という輝かしい歴史を刻んだ高校は以下の7校である。

 

1位通過 米子東(夏)

2位通過 高松商(夏)

3位通過 静岡(夏)

4位通過 広島商(夏)

5位通過 北海(春)

6位通過 松商学園(夏)

7位通過 長崎商(夏)

 

 

上記34校の中で、大正~昭和~平成と3つの時代で甲子園勝利を挙げている高校は以下の15校である。

 

北海(北海道)

秋田(秋田)

早稲田実(東京)

慶應義塾(東京→神奈川)

静岡(静岡)

松商学園(長野)

鳥羽(京都)

東山(京都)

関西学院(兵庫)

広島商(広島)

広陵(広島)

鳥取西(鳥取)

米子東(鳥取)

高松商(香川)

松山商(愛媛)

 

元号が変わり、大正~昭和~平成~令和と4つの時代で甲子園勝利という、歴史ある限られた高校のみが目指せる大記録を達成しているのは以下の2校である。

 

1位通過 松商学園(夏)

2位通過 高松商(夏)

 

 

 

 

 

大正時代から全国の高校野球界をリードしてきた広島の広陵と広島商が、今春のセンバツ大会にアベック出場することが決まった。両校の同時出場は20年ぶり5度目となる。

 

広陵高校は3つの時代で甲子園に出場しており、今春のセンバツ出場により、米子東、高松商、静岡、広島商、北海、松商学園、長崎商に次いで8校目となる、4つの時代で甲子園出場という輝かしい歴史を刻むこととなる。さらには、松商学園、高松商業に次いで3校目となる、歴史ある限られた高校のみが成し得る4つの時代での甲子園勝利を目指す。

 

広島商業は4つの時代で甲子園出場という輝かしい歴史を有しており、松商学園、高松商業に次いで3校目となる、歴史ある限られた高校のみが成し得る4つの時代での甲子園勝利を目指す。

 

 

広陵高校は1896年(明治29年)に数理学会として創立された伝統を有する。
野球部は1911年(明治44年)に創部され、広島県内では広島国泰寺、福山誠之館、日彰館、尾道商、広島商、崇徳、忠海、三次、呉三津田に次ぐ歴史を有する。
甲子園にはこれまでに、春24回、夏23回出場し、春のみ3回の優勝を誇り、サクラの広陵とも称される。
夏の全国大会予選には、広島県勢としては広島国泰寺、広島商、福山誠之館、修道、明道中(閉校)に次いで、1916年(大正5年)の第2回大会予選(山陽大会)に初参加した。

 

広島商業は1899年(明治32年)に広島商業学校として創立された伝統を有する。

野球部も創立と同じ1899年(明治32年)に創部され、広島県内では広島国泰寺、福山誠之館、日彰館、尾道商に次ぐ歴史を有する。

甲子園にはこれまでに、春21回、夏23回出場し、春1回、夏6回の優勝を誇り、ヒマワリの広商とも称される。

夏の全国大会予選には記念すべき第1回大会予選(山陽大会)に、広島県勢としては広島国泰寺、福山誠之館、修道、明道中(閉校)とともに初参加した。

 

 

大正時代から全国の高校野球界をリードしてきた伝統ある両校の活躍に期待したい。

 

 

 

 

 

以上です。

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。