2017 J2 第22節 ホーム熊本戦

 

無敗記録と連勝記録が前節で途絶えた水戸。

 

 

後半戦もシーズン前半の勢いを持続させるためにも、是非とも勝ちたい今日の試合だった。

 

しかし、FWと2列目の距離感が悪いのかセカンドボールが全くと言っていいほど拾えずに、攻撃の組み立てが出来ない。

 

そんな水戸が劣勢の展開から、ペナルティエリア内で熊本の選手を倒してしまいPKを謙譲して先制されてしまう。

 

 

 

中盤で攻撃のタクトを振るう橋本の調子がイマイチ上がらないせいで、ボールが中盤で落ち着く事がなく、決定的チャンスを生み出すようなパスも無い。大体、いつもよりポジションが下がり目だから、前への推進力になれてない。

 

前半はそのまま終了。しかし後半に入っても水戸のペースは上がらない。

 

しかし、選手交代で白井と船谷が入ったあたりから水戸のパスが効率よく回るようになり、CKから内田が頭で合わせて同点に追い付く。

 

その後も水戸はペースを緩めずに攻め続けると、船谷からのクロスから山村が逆転ゴールを奪う事に成功。

 

前回のホームゲームに続いて、終盤の逆転劇にスタの興奮は最高潮。後はこのリードを守って試合をクローズする事。

 

しかし、グスタポのシュートにブロックしたDFの足に当たったボールは水戸にアンラッキーバウンドしてゴールに吸い込まれて追い付かれたところでホイッスル。

 

なんとも劇的などんでん返し、ではないがそれくらい食らった感じ。

 

次こそは勝って、また上昇気流に乗って欲しいです。

 

タグ

Commentコメント

報告するとLaBOLA事務局に通知されます。全ての報告に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に報告しました。