Scheduleアーカイブ

理想はアーセナル 現実はアーセンナル

 

はいこんばんちわみんな大好きチア…りりアンリだよ♡

 

。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、現状をみてグーナーの皆が思うこと

 

 

 

 

                 " #WengerOut "

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我々の知るアーセナルはテンポの良いパス回しで華麗にゴールを奪う姿であろうそうだと言いやがれ。

 

 

 

 

 

 

 

決して取り乱すつもりは無い。グーナーとしての感情を入れるのではなく、今回は一度客観的な目でアーセナルを見つめ直してみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~もうアンタの時代じゃないよヴェンゲル。

 

 

これに尽きる。これは勝てない現状に怒り狂ったサポーターだけの視線ではない。

実際CLに出場していた数年前もベスト16の壁に苦しめられていたところが分かりやすい例だ。

 

欧州の舞台で結果を残しきれない = ヨーロッパの組織力に追いつけているとは到底思えない。

 

 

つまり、現代サッカーにおいてヴェンゲルのマネジメント力は英国内に通用していたものであると言いたい。

 

 

 

 

 

 

 

16-17の頂点を仕留めたのはチェルシー。

アントニオ・コンテが青い倫敦のBossとなり、それまで考えられていなかった3バックの導入がその最たるもの。プレミアに通用するスタイルをつくりつつ個々の良さを活かした"適材適所"が見事に功を奏した。

 

 

対する赤い倫敦である。サンチェスをCFにコンバートしたものの、彼ばかりが前線からプレスをかけ、チームメイトにイライラを募らせていたのはお分かりいただけたであろう。

 

 

 

トドメを刺したのはCLバイエルン戦。

亀裂が見事に垣間見れてしまったこの試合はクラブに尽くしている筈の彼をまるでクラブに逆らう選手の図として終了、

 

 

 

 

 

 

後に3バックsystemを導入したヴェンゲル。

トレンドに乗ったったヴェンゲル。

 

それでも。BIG6に対応できるだけの組織を作り上げられましたか?      ヴェンゲル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーセナルのなにがそんなに上手くいかないのか

 

 

 

 

 

 

""本来の魅力的なパスサッカーを理想とし、プレミアに対応できる組織をつくり出さなければならないクラブを指揮するのがヴェンゲル""

 

 

 

 

 

 

 

 

これに尽きると思うんすよ……

 

 

それがこのふざけたタイトル

 

「理想は魅力的なアーセナル、現実はアーセン」

 

                                 と。そういうことです。

 

 

 

 

 

 

さらに悲惨なことに、マンチェスターの市民団体へあのペップさんが来たんですってねー…()

 

ついでに同じポゼッションスタイルを思考するペップとヴェンゲルを比べてみましょう

 

彼のスタイルは"美しく勝つポゼッション"と。

端的にまとめてしまって申し訳ない

何が凄いかって常に新しいものを見つけよう見い出そうとするんですよあのお方は)))))

 

 

クライフの頭の中を見事体現してみせ、常に新しいものを生み出すペップ、

 

成功していた昔の経験を温めて温めて、今に至ってしまったヴェンゲル、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに加え金満であるシティ…………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悲しくなってきたので閉じます。

とりあえずヴェンゲルおつかれ!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな意味でね!!!!!!!!!!!!!!

 

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。