Scheduleアーカイブ

湘南ベルマーレvs名古屋グランパス@Shonan BMWスタジアム平塚

昨日、3月11日(日)の 8ゲート待機列

銀杏の新芽が出てくるのはいつ頃かな♪

 

 

☆☆☆

 

 右が9日(金)に全日本フットサル選手権に行った駒沢公園で拾ったドングリで

 

 ↑駒沢公園のこの辺

 

左が昨日BMWスタジアムの

8ゲート待機列で拾ったドングリ

 

いいドングリかどうかの見分け方は

水に沈むかどうか。

 

(いいドングリは水に沈みます)

 

 

 早速実験!

 

 

 

結果は

 

 

 

 

 

 

どっちもいいドングリ☆

 

 

さっそくポットに植えてみよう。

 

            

昨日、待機列のときにみんなに話してたのはこれ(笑)

 良かったら、ドングリ100個集めて送ってみてね♪

 

 

 

☆☆☆

みんなでフラッグ掲げて勝利の花道

 

チームバスのお出迎え

 

 

12時にキックオフしていたフットサル部は

バルドラール浦安さんに、1-0で勝利して

3位、銅メダル!

 

ゴールを決めたのは、この4日前のルヴァンカップにまでサッカー部の応援にスタジアムに来てくれていた鍛代元気選手。

 

Twitterでずっと追いかけていた速報でフットサル部の勝利を知って

 

サッカー部も勝つぞ~!と俄然気合いが☆

 

 

 

メインスタンド前にある、1998フランスワールドカップ記念に植えられた桜は満開

 

 

公園の方の桜も数本咲き始めてた!

 

湘南サポーターも名古屋サポーターも一緒にスタグルを楽しむ、平和な図♪

 

 

次のホーム、4月4日ルヴァンカップ神戸戦か4月7日リーグ鹿島戦辺りにはかなり咲いているかも。

 

チーム関係なく、みんなでお花見しましょ☆(笑)

 

 

☆☆☆

 14時46分

 

ベルマーレサッカースクールを卒業するキッズたちのエキジビションマッチが行われていたピッチの空に出ていた優しい一筋の光

 

☆☆☆

このあとキックオフ前にも全体での黙祷があったけど

 

ひっそりと一人で黙祷していたサポさんたちもたくさんいたね。

 

☆☆☆

突如応援席の中に現れたのは

それまでゴール裏最後列の通路で水谷社長と並んで東日本大震災復興支援の募金活動をしてくれていた諒くん(高橋諒選手)

 

ゴール裏席を歩いて募金を集めてくれていたよ。

 

☆☆☆

バックスタンド側での募金活動を終えて、

ゴール裏サポーター席の前を人懐こく歩いて行ったのはヒロカズくん(石原広教選手)と、先日2種登録されたユースの柴田壮介くん

 

 

 GKウォーミングアップ開始!

 

ようこそ、BMWスタジアムへ!

11月にプレーオフ千葉戦を観に行った以来のグランパスさん

 平塚までたくさんきてくれてありがとう☆

 

試合前に、ベルマーレサポーターが出店していたフリーマーケットでも、強風に飛ばされそうなアクセサリーを押さえながら、お客さんの呼び込みまでしてくれていた名古屋の男性サポーターさんたちがいたそうな(笑)

 

 

 

 

 外国人選手多いなと思ったけど、

ランゲラックはオーストラリア人だからアジア枠だね。

 

ジョー選手の推定年俸を試合数で割ると

1試合辺りの金額は、、、。

 

ジョー選手を押さえてノーゴールに出来たら

数千万円分得した(儲けた)ことになるぞ!←

と開門待ちのあいだから楽しんでいた私たち。

 

とにかく、前日のフットサル部の分も何が何でも勝ちたい!名古屋を抑えたいという気持ちで燃えていた。

 

 

 円陣

 ダッシュ!

 

 

序盤から均衡した展開。 

 

いちばん警戒していたジョーにヒヤッとさせられたのは前半アディショナルタイムのガブリエルのFKでファーに飛び込まれたときくらい。

 

それよりも青木選手や秋山選手の攻め上がりの方がゴール裏で観ていてドキドキしたし、

 

勝手にそう思いこんでいた外国人選手の個の力に頼ったサッカーではなく、

 

細やかなパスを繋いでゴールに立ち向かう・自分たちのサッカーで真っ向勝負をしてきた名古屋に好感度がぐぐっと上がったこの試合。

 

ゴール裏で飛びはねながら観戦していても面白かったし、

両者の組織的な守備と

両ゴールキーパーの好セーブにも魅了された。

 

これでお互いの決定力があれば 💦

中立的な立場で観戦に来ていたファンも

もっと楽しめたはず。

 

だけどそれはいちばんチームが痛感していたはず😁

 

 

 

 

あとは写真を。

 

 

☆☆☆

スコアレスで迎えた後半

 

 

名古屋はペナルティエリアに攻めこんだ俊ちゃんをブロックしに飛び込んだホーシャが負傷して

後半10分に櫛引選手と交代

 

 

☆☆☆

湘南の1人目の交代は

後半20分に天馬くんから梅さん

 

続いて26分にジョンヒョプから隆之介さん

 

 

☆☆☆

名古屋二人目の交代は

31分に和泉選手から押谷選手

 

☆☆☆

後半36分、湘南最後の交代は

杉岡くんからミキッチ

 

 

 

 

後半45分、名古屋も八反田くんから寿人選手に代えて交代枠を使いきる

 

 

☆☆☆

アディショナルタイムは3分

 

フットサル部がきちんと勝ってくれたからサッカー部も勝って勝利のダンスを踊りたい!

 

勝利に対する貪欲さでいっぱいだった。

負けるわけにいかない!

 

最後までゴールを諦めなかったものの

3分があっという間に過ぎて東城主審の笛。

 

 

☆☆☆

ヒロキくんのあのミドルが決まっていたら

高山キャプテンのクロスから梅さんが放ったあのシュートが決まっていたら

 

想像していたよりずっと好機を作れていただけに、1ゴール決めていれば勝てたゲームだったという悔しさもあれど

 

 

それはたぶん相手も同じ。

 

特に、

後半途中から攻めこんでいた名古屋の方が、決めきれなかったことを非常に悔やんだ試合だったと思う。

 

 

スコアレスで、結果は華やかではなかったけれども、見応えたっぷりだった93分間。

整列した両チームの選手に自然と拍手が沸いたスタジアム。

 

☆☆☆

この日は特に、それぞれのチームのそれぞれの守備面を讃えたいゲームだった。

 

☆☆☆

途中、相手がプランを変えてきたなかで

それにしっかりと対応していた湘南の選手たちの対応、チームの成長に驚かされた。

 

いつの間にこんなに成長していたのか。涙

 

もちろんバイアやアニキ(秋元陽太選手)が後ろで構えてくれていることがとてつもなく大きいということを再認識させられたゲームでもある。

 

これで、バイアやアニキが出ていないときに

どれだけ出来るようになるか。

 

この日の名古屋と戦えたことは

この日試合に出ていた選手たちの間違いなく大きな経験値になったと思う。

 

 

明後日水曜日はアウェイでルヴァンカップ長崎戦。

日曜にまたすぐアウェイでリーグ戦のFC東京

戦が控えているため、

 

このあいだのルヴァン杯鳥栖戦のようにターンオーバーして挑むことになると思うけど

どんなメンバーが遠征してきて、どんな戦いを見せてくれるのか、これまたすごく楽しみ!

 

トラスタに行くのはあのお盆渋滞ぶり。

 

今度は太鼓はあるんだろーか(笑)

 

 

連戦で大変だけど、

梅さんの故郷、諫早でカッコ悪い試合を見せるわけにはいかないし

トラスタで思い切り戦って、週末のFC東京戦に繋げてくれたら最高だっ。

 

 

 

 

 アニキ、寒くないの!?(笑)

 

 

 花粉症がこの試合からかなりつらくなった。

GWくらいまでは我慢だね~。

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。