Scheduleアーカイブ

2016 天皇杯 2回戦 北海道コンサドーレ札幌 1-2 ファジアーノ岡山 @厚別





【岡山視点による雑感】(PA:ペナルティエリア)
スタメンは、直近の天皇杯1回戦アウェイ松江戦(1○4)より4人入れ替え
CB金→竹田、DH島田→渡邊、WB酒井→澤口、OH秋吉→CF豊川
開始早々、札幌の右CKからニアで中央へすらし、MF前選手が右足を振り抜き、
この試合のファーストシュートをゴール右へ外した札幌に対し、前半4分、
岡山のファーストシュートは、きっちり札幌ゴールを捉え、岡山があっさり先制!!
最終ラインのCB片山からパスを受けたDH矢島が前線へロングフィード。
裏へ抜け出したCF豊川がGK阿波加選手との1対1を物怖じせず、
ワンバウンドしたボールの落ち所に左足を合わせると右ポスト内側を激しく叩いて
ゴールネットを揺らし、20人も満たないアウェイゴール裏のファジサポは歓喜爆発。
勢いに乗った岡山が攻め込むも、CB片山の強烈な右足ミドルはバーを叩き、
DH矢島の右足シュートはバーを越えていき、2点目は奪えず。
その後は、札幌が圧倒的にボールを回す時間が続くも、MF宮澤選手の右足クロスに
ゴール前でFW都倉選手がオーバーヘッドキックを空振ったシーンぐらいしか
危ういシーンを作らせず、岡山が守り抜いて前半終了。
後半も、ポゼッションの札幌に対し、カウンターの岡山の構図は変わらず。
単調な攻めが続いていた札幌は、攻撃のリズムを変えられるMF小野選手を
後半23分に投入すると、その直後に岡山もOH伊藤選手を投入し、
中盤での攻防が激しくなるも、ゴール前まで行く機会は余り無かった。
依然として札幌がボールを保持するも得点を奪えないでいると、
後半40分、CF押谷を投入した岡山は札幌陣内でボールを回せるようになり、
後半41分、CB片山がドリブルで持ち上がり、パスを受けたDH矢島が
腰ぐらいの高さの浮き球を前線へ送ると、相手DFとGK阿波加選手との
間に走り込んだOH藤本が滑り込みながら、伸ばした右足でコースを変えると、
ゴール右ネットにゆっくり収まり、岡山が追加点を奪い、ほぼ勝負あり。
アディショナルタイムは4分。縦パスを受けたFW都倉選手が反転し、PA内に
進入した所を体を付けていたCB竹田の左腕がFW都倉選手の腰を掴み、
FW都倉選手が転倒し、PK判定となり、FW都倉選手が左足でゴールJ右に決めた
直後に終了のホイッスルが鳴り、厚別3戦1分2敗、札幌ドーム4戦1分3敗と
北海道の地で未勝利だった岡山が8戦目にして初勝利を挙げた。

現地では、まさかの電光石火の先制ゴールに20人にも満たない立ち応援組らと
歓喜爆発してから、片山、矢島、豊川らの惜しいシュートがあったものの、札幌に
ボールを保持され続け、「ファジアーノ」コールばかりやっていて、90分が異様に
長く感じた一戦という印象だったけど、翌日、録画を観たら、バイタルエリアを
固く封じる組織的な守備が出来ており、先制点を奪い、固く守って逃げ切る、
狙い通りとも言える試合運びを見せ、スコア以上の完勝と言える試合だったと思います。

豊川、藤本の2試合連続ゴールに、直近2試合、低調だった矢島が2アシスト。
このいい流れが、リーグ戦に繋がればいいのですが・・・。

次は、3回戦、9月22日(木・祝日)県立カシマサッカースタジアムでの
鹿島アントラーズ戦。
既にスカパーでの生中継が決定しているので、参戦するかは微妙な感じ。
リーグ戦ならスタジアムから東京駅行きのバスの本数が多いらしいが、
天皇杯では予約制のバスが運行せず、延長戦、PK戦も有り得るので、
帰りのバスの運行状況が読めないので、参戦に二の足を踏んでいる状況。
まぁ、現地参戦、スカパー生観戦、どちらにしても。楽しみで仕方のない一戦ですわ。


【写真諸々】
2013年以来、2度目の厚別。
朝5時起床。6時、車で出発。途中、すき家で朝食を済ませ、
岡山空港第4無料駐車場へ。新千歳空港行き、予定時刻に離陸。


JR新千歳空港駅から快速エアポートで新札幌駅へ(運賃880円)
駅ビル5F「伝説炉端 とり将軍」にて「野菜炒め定食」(690円)で早めの昼食。


新さっぽろ駅のバスターミナル南レーン7番乗り場よりシャトルバス乗車(運賃210円)
12時に出発し、約10分後、厚別到着。

アウェイゴール裏にある大型モニター

岡山の得点シーンだけでなく、惜しいシュートシーンのリプレイも
流してくれて、本当に有難かったです。

選手入場前のメインスタンド


選手入場前のホームゴール裏


選手入場前のバックスタンド


選手入場前のアウェイゴール裏(左半分) 


アウェイゴール裏の立ち応援組(約15名) これでほぼ全員です(笑)

アウェイゴール裏なのに、この後方には札幌サポも陣取ってて、
後半、札幌サポのヤジが、最後尾にいた私には丸聞こえで、
腹が立ったけど、無事、勝てて良かった。
得点時には、最前列以外の人全員とハイタッチし、最高でした。

自分の観戦ビュー(倍率1倍)




ヒーローインタビューを受ける先制点を決めた豊川雄太

前半の終わりに、WB田中のクロスにDFを背負いながら右足で合わせ
GKの好セーブに防がれたシュートは、正直、決めて欲しかった。
3回戦の鹿島戦では3試合連続ゴール、期待してまっせ。


帰りは、15時過ぎにシャトルバスに乗り、新さっぽろ駅へ。
快速エアポートに乗り、新千歳空港に到着したのが16時過ぎ。
国内線ターミナルビル3Fの「どんぶり茶屋」で
「まぐろ、かに、いくらの三色丼」(1680円)とグラスビールで乾杯

美味かったけど、量が少ないので物足りなかった。

1時間以上、ぶらぶらしてて、岡山空港行き、予定時刻に離陸。

監督、コーチ、クラブ関係者、選手も同乗するも、挨拶、会話、一切出来ず。

20時15分頃、無事、降機。


2度目の厚別は、帰りの新千歳空港で若干、時間を持て余したが
順調過ぎるくらい、順調過ぎたアウェイの旅でした。
札幌ドームより厚別の方がアクセスは良いので、また行きたいです。


Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。