Scheduleアーカイブ

2022 J2 第22節 岡山 1-0 琉球 @Cスタ

 

 

 

 

前半終了時のDAZNのスタッツ

 

試合終了時のDAZNのスタッツ

 

【Jリーグ通算対戦成績】岡山 3勝 3分 1敗 得点12 失点7

前回対戦成績 2022年4月9日 J2第9節 琉球3-3岡山@タピスタ

 

【岡山視点による超雑感】(PA:ペナルティエリア、右/左は攻撃側から見て)

スタメンは、前節アウェイ長崎戦(1○0)から2人入れ替え

DH喜山→DH河井(9試合ぶり)、STムーク→SH白井(8試合ぶり)

 

※ポジション略称 DH:ディフェンシブハーフ(ボランチ)、

SH:サイドハーフ、ST:セカンドトップ

 

岡山ボールでキックオフ。

5試合無敗の岡山は、5試合未勝利の琉球に苦戦を強いられた。

前半5分、岡山は3本連続CKを獲得するも、キッカーSB河野、この日は不発。

岡山の前線からプレスは、右サイドのSH白井の反応が遅れることで上手く

ハマらず、琉球がテンポ良くボールを動かし、MF中野選手、MF武沢選手、

MFケルヴィン選手らのドリブルを交えて、岡山ゴールへ迫るも、

GK堀田がスタメン出場してから5試合で1失点の守備陣は、この日も健在で

前半39分、PA内でクロスに合わせたどフリーのMFケルヴィン選手の

左足シュートもGK堀田の好セーブで切り抜け、無失点に抑え切った。

前半、岡山は7本のCKとカウンターから好機があったものの決められず

前半スコアレスで折り返し。

 

後半、SH白井に代えてCFデュークを投入した岡山は、ロングボールを多く

前線へ供給するも、セカンドを拾えず、マイボールにしてもライトパスは合わず

得点の気配の無い攻撃ばかりで、前半同様、琉球ペースで進み、

両者5枚の交代枠を使い切るも、スコア動かず、アディショナルタイム4分に突入。

今季も下位に勝ち切れない岡山かと諦めていたが、FKの流れからスコアが動いた。

岡山陣内センターサークル外の左サイドからGK堀田が左足で琉球陣内右サイド奥へ

浮き球を蹴り込むと、琉球にクリアされるも、右サイドのSB河野が拾い、バックパス。

途中出場のSH佐野が右足でゴール前へクロスを上げると、CB柳が右サイドへ頭で

折り返すと、途中出場のSH宮崎幾笑が左足ボレーを放つも、強くミート出来ず、

途中出場のDF大森選手に当たり、GK田口選手が左手で触れるも、ゆっくりと

ゴール右ネットに吸い込まれていった。

劇的な幕切れで岡山は今季2度目の3連勝を飾った。

 

 

前節アウェイ山口戦(1○0)同様、相手に主導権を握られ、やりたいサッカーは

出来なかったが、粘り強く戦い、勝ち切れたのは良かったが

下位相手だけに、個人的には手放しで喜べない一戦だった。

 

無失点に抑えた守備陣だが、前線のプレスがハマらず、最終ラインが

押し上げられず、中盤にスペースが出来て、そこをドリブルで突破される

シーンが多く、上位相手だと強烈ミドル一閃での失点が予測されるので改善、求む。

ボランチに河井が戻ってきたけど、以前より、運動量が落ちていた気もしたなぁ~。

 

 

次節は、6/25(土) 18時~ アウェイ水戸戦

土曜日なので無条件に参戦。

5試合未勝利のアウェイ水戸戦なので、いい加減、勝ってくれよ。 

 

 

【暫定順位(第22節終了時)】 4位  9勝 8分 4敗 得失点差9

 

 

【写真諸々】

選手入場前のFC琉球サポーターさん達

 

前回ホーム金沢戦(5○1)より831人増加した入場者数 

 

ヒーインは、今季初ゴールの宮崎幾笑 

在籍2年目で、やっと2ゴール目。

これまでの鬱憤を晴らすかの如く、ゴール量産してくれよ、背番号10

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。