Scheduleアーカイブ

定年ゴジラ***

を今読んでいます。

重松清の小説としては12〜3冊目くらいになります。

彼の小説の多くは30〜40代か、その子である小中学生が主役であり、テーマもイジメ問題とか自殺とかなのですが---

この本の主役は珍しく60代です。

但しこの本で私が注目したのは******

この本の解説を鷺沢萌が書いていることです。

この解説を書いたのが30代前半---

彼女が自殺したのが30代後半ですが---

この解説の内容をみても、全く自殺を予知できるような感じは全く見受けられませんでした。


Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。