Scheduleアーカイブ

肝心の子供

”肝心の子供”  磯崎憲一郎著  河出書房新社

”終の棲処”以来、久々の磯崎作品。

ブッダと、その息子・ラーフラ、孫・テッサ・メッテイヤの

 三代にわたるストーリーを描いているが

  ブッダが主役ではない。

息子・ラーフラの名前の由縁が興味深かった。

 またブッダの妃やラーフラのカミさんの逞しさには救われた。

全体的に淡々とした文章の基調の割には

 3代揃ってマイペースで変わり者であるのが面白い。

 

 

タグ

Commentコメント

通報するとLaBOLA事務局に報告されます。全ての通報に対応できるとは限りませんので、予めご了承ください。

  • 事務局に通報しました。